生田斗真が明かした櫻井翔の「ジュニア時代の反抗期」が衝撃的すぎると話題に 「へそピアスにカラコン!」

AOL News Staff

7月14日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)で、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔が、ジャニーズジュニア時代に反抗期があったことを暴露される場面があった。


この日のゲストはタッキー&翼の滝沢秀明。櫻井とはほぼ同期の関係でありながら、いつしか"共演NG"と噂されてきた。13年ぶりの共演となった今放送では、2人きりになるのは始めてという状態でサシ飲みロケが敢行された。

2人は不仲説を否定しつつも、ロケ先ではなかなか会話が弾まず、何度も沈黙した。それもそのはず、ジャニーズジュニア時代に櫻井は今井翼と「翼翔組」としてつるみ、一方で滝沢は松本潤や相葉雅紀、二宮和也と仲良くするなど、遊ぶグループが違ったという。

確執があるという噂はジャニーズ事務所内でも流れていたそう。1年後輩にあたる生田斗真は、手紙を通じて「2人との付き合いは20年だが、一緒に話しているのを見た事がない」「必死にJr.を引っ張っていく滝沢くんと、へそピアスとカラコンをしてジャージ姿でレッスンに来て1番後ろの方から大人達を睨みつけている櫻井翔。仲が良いわけがない!でしょ?」と当時を暴露した。

この手紙を読んだ櫻井は、当時を思い出したのか恥ずかしそうな表情に。だが、滝沢は櫻井の反抗期を全く知らず「え?」「知らない!」と驚いた。

櫻井はその頃について、「みんな同じような感じが『つまんねえな~』みたいな...」と当時の心境を告白。ジャニーズジュニアの中で別格扱いされ、プロ意識が高かった滝沢に対して「グループが違うだけじゃなくて、俺はちょっとタッキーの事を斜めに見てたと思う」「大変さを知らずに変な感じになってた」と20年越しの思いを語っていた。

これを観た視聴者は、ネット上に「なんか衝撃的だった」「へそピアスとカラコン!」「とがってたんだね」「知らんかったww」「尖ってる頃も大事にして欲しい」「貴重な貴重な時代」「チャラい翔ちゃん好きだったなぁ」「月日が経って大人になった2人だから分かり合えたのかな」などとコメントしていた。

■参照リンク
『櫻井・有吉 THE夜会』公式サイト(毎週木曜夜9時57分より放送)
http://www.tbs.co.jp/the-yakai/

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー