先天性障害で走れなかったチワワに飼い主が贈ったプレゼントが優しすぎる【動画】



ある日、米コロラド州にあるオーロラ・アニマルシェルターに1匹のチワワが持ち込まれた。近くの学校に捨てられていたという。そのチワワは、ルーと名づけられた。両方の前足がなく、2本の後ろ足で飛び跳ねるように歩く姿がカンガルーのようだからだ。

https://youtu.be/sTf33jr1biw


ルーの足は先天的なものだと考えられるが、同センターでは今後のことを考え、動物の運動機能補助具などを製作しているOrthoPetsと共に、ルー専用の車いす付きハーネスを作成した。ルーはその間、一時的にモリス一家と暮らすことになったのだが、ちょうどハーネスを使い始めたころ、モリス家の息子ロビーさんが足を骨折、車いすの生活を送ることに。ロビーさんは「なんか和むよね。ルーも車いす、僕も車いす。まるで双子みたいで」と話す。

また、モリス家の先住犬や、時には猫も追いかけ回すというルーの元気な姿はロビーさんに活力を与えている。「健常者と同じにはできない。乗り越えるには相応の時間がかかると思うけど、ルーはやってのけた。僕もやれる気がするんだ、『どうせ片足だから』なんて言い訳できないよ」。

ただモリス家は一時的な預かり先のため、専用ハーネスに慣れた今、ルーは一生を一緒に過ごす引き取り手を探している。ロビーさんは言う。「ルーが幸せになれる家が見つかればそれでいい。他のみんなに愛を分けてくれれば」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む