クオリティ高すぎ!健康にも配慮したオーガニックの「キャラごはん」が話題に

クオリティ高すぎ!健康にも配慮したオーガニックのキャラごはん
日本ではアニメなどのキャラクターをかたどったお弁当「キャラ弁」が登場して久しいが、豪オーストラリアで今、「キャラ弁」ならぬ「キャラごはん」を作るラーレ・モハメディさんが話題となっている。

「ジェイコブのフード・ダイアリー」のホームページによると、3歳の息子ジェイコブくんのためにライオンの形をしたパンケーキを作り、この写真をフェイスブックに投稿したことが「キャラごはん」のきっかけだった。友人らの反響がすごかったため、ラーレさんはインスタグラムに「ジェイコブのフード・ダイアリー」と題したアカウントを作成。メディアにも取り上げられるようになり、今では2万5000人のフォロワーがいる。

グーフィーなどディズニーの人気キャラクターのほか、野獣(『美女と野獣』)やカールじいさん(『カールじいさんの空飛ぶ家』)、スポット(『アーロと少年』)、また米独立記念日にはアンクル・サムなども登場した。

このキャラクター選びについて、ABCニュースのインタビューで「ジェイコブは、その日に見た本や映画などから、作ってもらいたいキャラクターを選ぶんです」と語るラーレさん。見栄えだけでなく、食材にもこだわっており、子供たちに健康に良いオーガニック食品を与えることを日頃から強く薦めてきたという。











■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む