タートルズ4兄弟の決め台詞「カワバンガ!」 『ミュータント・タートルズ』新作で決めてくれるのは!?


破壊王マイケル・ベイ製作のハイスピードアクション超大作がついに帰ってくる!映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』が8月26日(金)より公開される。最強の忍術、新たな武器、かつてないスピード感、抜群のチームワーク、甲羅よりも固い絆、そしてリズム感あふれる爆笑の"ノリ"。ますますパワーアップしたリーダーの<レオナルド>、熱血漢の<ラファエロ>、ピザ大好きのムードメーカー<ミケランジェロ>、メカならおまかせ!の<ドナテロ>...世界最強の4兄弟が、仲間を守るため、世界を救うため、NYの街を飛び出し、世界を舞台に暴れまわる!


日本でも馴染みの深いタートルズ4兄弟。そんなタートルズの決め台詞と言えば、「カワバンガ(Cowabunga)!」この不思議な響きをもつ言葉"カワバンガ"。語源は諸説あるが、1960年代のサーファー文化のスラングで、うまく波に乗ることができたときに「やったぜ!」や「行くぜ!」といった意味合いで使われ、タートルズの中ではスケボーが趣味のマイキーことミケランジェロがよく口にしている。

前作では、タートルズの決め台詞であるにも関わらず、たった一回しか叫ばれなかったこの言葉。しかし、前作よりアクションもスケールもパワーアップし、スリルあり!興奮あり!アクションあり!勇気あり!友情あり! 感動あり!爆笑あり!の本作では、劇中で「カワバンガ!」が溢れ出てくること間違いなし。そして、カワバンガを使いこなすのはタートルズとは限らないかも!?そこで、本作でカワバンガ!と言いそうなキャラクターをピックアップした。

エイプリル・オニール(ミーガン・フォックス)

前作に引き続きトップニュースを追い続ける日々を送ってはいるものの、本作では自身のキャリアアップを目指すよりも、それ以上にタートルズとの関係を大切にするようになったエイプリル。劇中では、タートルズと共に協力し潜入調査もこなすなどの活躍を見せ、下水道と人間社会とを結ぶ架け橋も担っている。そんな"5人目のタートルズ"といっても過言ではないエイプリルから、とびきりのカワバンガ!が飛び出すかも?!

ケイシー・ジョーンズ(スティーヴン・アメル)

刑事になることを夢見る刑務官であるケイシーは、なかなかその夢が叶わず苦悩する日々を送っているが、タートルズやエイプリルたちと出会ったことで、自分の役割や居るべき場所を見つけていく。本作では何度も打ちのめされる場面はあるものの、いつも真っ先に仲間を助けにいくケイシー。ホッケースティック片手に悪党を次々なぎ倒す姿はまさしくヒーロー!本作初登場キャラクターであるケイシーの見せ場として、カワバンガ!が炸裂するかも?!

ビーバップ&ロックステディ(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ、シェイマス)

サイとイノシシのミュータントであるビーバップロックステディは、タートルズたちの宿敵で兄弟のような絆で結ばれた世界最凶コンビ。圧倒的なパワーと破壊力を持ち、タートルズたちを翻弄させるものの、決して頭が良いとはいえないふたりはドジを踏んでばかり。しかし、常時ハイテンションで漫才コンビのようなふたりのやりとりにはクスリとさせられてしまうこと間違いなし。ライバルの決め台詞にも関わらず、うっかりカワバンガ! と口にしてしまうというマヌケっぷりを発揮する可能性があるかも?!

一体どのキャラクターがカワバンガ!と叫ぶのか!?答えは...是非劇場で確認しよう!



映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』は8月26日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか 全国ロードショー!!!!

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』公式サイト
tmnt-shadows.jp

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む