『マツコの知らない世界』で紹介された「ホテルサンハトヤ」「龍宮城スパホテル 三日月」「ホテルニュー塩原」のコスパが良すぎて行きたくなる人続出!


7月19日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)で3大CMホテルの世界が特集され、ネット上で話題を集めた。


この日は、年間200泊以上ホテルに泊まる日本唯一のホテル評論家、瀧澤信秋さんが"3大CMホテルの世界"を案内した。3大CMホテルとは、CMで流れる印象的なテーマソングでお馴染みの「ホテルサンハトヤ」「龍宮城スパホテル 三日月」「ホテルニュー塩原」のこと。近ごろ再注目され人気を集めているのだという。

人気の理由は、東京からのアクセスのよさ、こだわりが強い絶品バイキング、個性溢れるエンターテインメント、そして手頃な値段と、いくつもの魅力を兼ね備えているから。例えば「ニュー塩原」は東京方面から約2時間10分、1泊2食付きで7980円〜ほどでホテルライフを楽しめるという。

そのため、3大ホテルの来客数は1日平均750人以上、年間約83万人に上る。瀧澤さんによると、宿泊料金が格安にもかかわらず、3大ホテルのバイキングはとても豪華。「サンハトヤ」は和洋中70種類以上のメニューがあり、板前が自信を持って作る和食を中心としたバイキングがある。「三日月」は60種類のメニューと、本格的な中華が味わえる。「ニュー塩原」は90種類以上のメニューと産地直送の魚を使った寿司が人気という。

マツコが「ワンプレートに乗ってみたいなの(料理)を想像してたけど、全然違う」と本格バイキングに驚くと、瀧澤さんは「ライバルが多い分、こういう所で差別化をしていかないと大変」と説明。また、「ニュー塩原」が寿司など高級素材を提供できるのは、グループ企業で食材の大量仕入れで良いものを安く提供できるのだと話した。

3大ホテルに一度も泊まったとがないマツコ・デラックスは、宿泊費や来客数の多さを知るたびにビックリ。しかし、CMで馴染みのある3大ホテルへの興味は強いようで「貸し切ろうかな」と呟いていた。

これを観た視聴者は、ネット上に「たまにはCMど定番ホテルも面白そう」「ハトヤ行こうかな」「ホテルニュー塩原、すごくコスパいいな」「子ども時代を思い出す」などのコメントを寄せていた。

https://youtu.be/oORHiE3ZgRo


■『マツコの知らない世界』公式サイト(火曜よる8時57分からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む