10周年を迎えたAKB48中心メンバー・渡辺麻友、横山由依、向井地美音に直撃! 「アイドルもひとりの普通の人間」


国民的アイドルグループAKB48の姿を追う『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』が公開中だ。それぞれの想いを胸に前進する、渡辺麻友横山由依向井地美音のインタビュー。


――映画ではAKB48の10年間への言及がありましたが、この10年、それぞれにとっての濃さが違いますよね。渡辺さんなら初期からの10年、向井さんならファンからの10年、横山さんなら総監督という立場が変わった10年、というように。

渡辺:わたしはちょうど10年目になりましたが、あっという間でした。長いようで、もう10年も経ったのかと。わたしがAKB48に入った頃はテレビには出てなく、まだ全然知られていない状態でした。そこから徐々に世間に名前が知られるようになって、いろいろな経験をしました。


――AKB48の変遷をほぼ知っている、希少なメンバーになりますよね。

渡辺:思い返してみると、1期生、2期生の先輩方がどれだけすごかったか、いなくなってみて改めてその偉大さがわかります。本当に貴重な経験をさせていただいたなと思います。そういう経験をしたメンバーが今はもう殆どいないので、わたしだからこそ後輩に伝えられることもあるのかなって。そう思っているので、それを受け継いでいかなきゃいけないなって思います。

向井地:「アンフェア」に出演した時期がちょうど10年前ですが、ちょうど10年とは思えないくらい長く感じています。最初は子役をやっていて、辞めて、AKB48のファンになって、AKB48に入って、今メンバーとして活動している。濃すぎる10年でしたが、でも無駄な瞬間はなかったと思います。子役時代がなかったらAKB48で知ってもらえることもなかったと思いますし、AKB48に出会って、AKB48を好きになれたことは自分にとって大きな出来事でした。だから、これから先の10年で何が起こるかも楽しみですね。

――AKB48に入った当初、それまでのイメージと違うことはありましたか?

向井地:AKB48は出会った時から光のような存在で、それはメンバーになった今も変わってない、すごく大切な存在です。入ってみて思ったことは、アイドルもひとりの普通の人間なんだなって思いました(笑)。ただ外から見ていた時は本当にキラキラ輝いていて、ある意味、生きている感じがしなかったほどの存在のように思っていましたが、入ってみると皆同じ人間で悲しいことや苦しいこともたくさんありますし、それこそ、このドキュメンタリー映画で描かれていることも本当だなって入って実感しました。だからこそ、AKB48って面白いなって思いました。

横山:わたしは、10年前は中学生で、まだ13歳でした。京都にいて、AKB48に入ったのは高校2年生の時で、当時はまだ普通にアルバイトもしていました。もしかすると一番普通の経験もしているかもしれません。高校生のうちに上京したいと思っていて、最後のチャンスだと思ってAKB48のオーディションを3回受けて、3回目に合格して今にいたります。本当にAKB48に出会って、自分自身も変わったなと思います。


――今や総監督として、AKB48を引っ張っていく立場になりました。

横山:昔はだらだらとした生活をしていて、部活でキャプテンとかもやったことなかったわたしが、今は総監督を務めさせていただいていて、昔のわたしからは本当に想像もできないです。本当に10年間で何があるかわからない。いろいろなことが起こるので、人生は面白いです。

――総選挙の際、今のAKB48はピンチというスピーチが印象的でした。いつ頃から、そのように感じ始めたのですか?

渡辺:危機感は常に感じていました。AKB48が売れ始めた時から、こういう状態がずっと続くわけがないと思っていましたし、ブレイクした後も一年くらいで終わるだろうと思っていました。さすがに今年は...と思いながらも、続いている。ありがたいことにAKB48は長い間ブレイクの期間をいただけましたが、やっぱり今は全盛期に比べてしまうと、停滞気味であることは否定できないです。そういう危機感は、全盛期の頃から感じてやっていましたが、本格的に危機感を感じ始めたのは2〜3年前くらいからです。

――ほかのアイドルの台頭なども関係ありそうですか?

渡辺:そういうこともありますが、一番は先輩方の卒業が大きかったです。あの先輩方がいたからこそAKB48はここまで大きくなったので、その方々が卒業されていって、わたしたちに何ができるのかということを考えた時に、大変だな、踏ん張り時だなって思いました。

向井地:わたしは"次世代メンバー"と言っていただいていますが、すごく危機感を感じていますし、それはメンバー全員が感じていることだと思います。わたしはAKB48に入る前から先輩たちの姿を観て育ったのですが、先輩たちには圧倒的な個性や、誰が見てもAKB48だとわかる存在感がありました。それと比べると今のAKB48はわたしたち自身も全然頼りないですし、だからこそ悩むこともあるんですが、逆に今のAKB48にしか見せられないこともあると思うので、それを皆で探しながら頑張っていきたいです。


――キャラが弱いという課題があったんですね。

向井地:わたし自身がそうですが、まだ個性が発揮できていなくて、若手メンバーと言っていただいているわたしたちは、皆似たような感じって言われるので(笑)。そういうところで、それぞれが自分らしさをもっと出していかなきゃという危機感はあります。

横山:名前と顔が一致するメンバーは先輩たちの代は今より多かったと思います。コンサートや握手会などを見ても、以前はもっと人が来てくれていたなって思いますし、そこに危機感を感じます。先輩たちは何もないところからAKB48としての活動を始めて、皆同じ方向を向いていたと思いますが、わたしたちはAKB48ができあがった状態で入ってきたので、ちゃんと同じ方向を向けているのかなって不安に思うこともあります。メンバーもスタッフさんも今が頑張り時だって思っているので、その中で新しいものがお見せできればと思って頑張っています。

――横山さんは総監督にもなりましたが、AKB48と出会い、何が一番変わりましたか?

横山:今は毎日AKB48のことを考えない日はないくらい、AKB48は自分の中ですべてです。すごく比率が大きいというか、もしもAKB48のメンバーでなかったらとか、想像もつかないくらいです。自分の人生において、大きな存在になっている。AKB48にいた時間は、大切なものになるだろうなって思います。


映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』は、大ヒット上映中!



■映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』公式サイト
www.2016-akb48.jp

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む