【27時間テレビ】明石家さんま「ラブメイト」2016年版にランクインした「おなじみCM」の美女が話題に


7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ)で、明石家さんまが2016年度版「ラブメイト」を発表し、視聴者の間で話題となっている。


23日深夜、番組では名物企画となっている「今夜も眠れない~さんま中居の国民的ナイショ話ぶっちゃけ~」のコーナーで、SMAP・中居正広とトークを展開していたさんまは、今年のラブメイトについて以下のように発表。

【1位】剛力彩芽
【2位】木村文乃
【3位】西野カナ
【4位】7月14日23時頃、西麻布付近の細い道でヘベレケ集団の中、唯一シャキッとしていた女性
【5位】「恋するフォーチュンクッキー」PVのキャバ嬢
【6位】城本クリニックのCMの女性
【7位】「国際報道2016」の増井渚
【8位】西麻布のゴルフショップで目があった店員
【9位】7月4日、大阪のイタリアンレストランの前で「ここ寿司屋さんですか?」と聞いてきた女性
【10位】ベッキー

別番組でもしばしば思い入れを語ってきたベスト3の面々や、安定感のある一般人ネタはやはりといった感じであるが、この顔ぶれの中でも注目を集めたのは、第6位の「城本クリニックのCMの女性」。実はこのCM、2004年~2012年までのバージョンと、2013年以降のバージョンで、出演モデルの女性が変わっているとのことで、当のさんまも「なにこれ!?ずっと同じ人やと思ってた!」と、そのことに気づいてなかった様子であった。現在放送中のバージョンに出演しているのは、レースクイーンでモデルの、つのだ香澄さんとのこと。

同CMで女性モデルが披露している「ゴロゴロシーン」は「美しさを得た女性の期待と喜びの表れ」を表現しており、つのださんは、オーディションに参加したすべての女性モデルたちの「ゴロゴロ」の中で、もっともクライアントの評価が高かったことから起用が決定したという驚きの事実も番組中で紹介された。この「ラブメイト2016」を観たネット上の視聴者からは「たしかにかわいい」「わかるwww」という共感の声の他にも、「新しくなってたこと知って衝撃」「オーディションでゴロゴロしたってこと?!www」というように驚きの声もあがっていたが、やはりCMというのは、その短い時間の中に、実に様々な謎や驚きの事実が隠されているものであるようだ。

https://youtu.be/1qDo0apBmJk


■『FNS27時間テレビ』公式サイト(フジテレビ)
www.fujitv.co.jp/27h/

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む