『月曜から夜ふかし』に登場した「危険すぎるバッティングセンター」に視聴者から驚きの声 「一歩間違えたら・・・」


7月25日深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)に、"危険すぎるバッティングセンター"が登場。誰しも思わず足がすくんでしまうような、あまりに強烈な内容に視聴者からは驚きの声が数多く寄せられている。


この日、同番組にて放送された【○○すぎる○○を調査した件】というVTR中に「危険すぎるバッティングセンター」として登場したのは、兵庫県神戸市にあるというバッティングセンター「ボールメイト2003」。一見したところ、どこにでもあるバッティングセンターに見えるものの、ここでは一部のピッチングマシーンが極めて不安定な状態となっており、100km/hの硬式球が打てるという「4番」のバッターボックスでは、なんと25球中4球がデッドボールになるという信じられない結果に。そのため、被験者として打席になった番組ADの男性は、しばしばボールが直撃して悶絶。しかも驚くことに店長の男性によると「デッドボールになってもクレームは一切受け付けない」のだという。

そのため、このあまりに危険すぎる設備の状態に、スタジオの村上&マツコも仰天。ネット上の視聴者からも「これはあかんwwww」「硬球やんけwww」「これ、一歩間違えたら死ぬで?w」「硬球で当てといてノークレーム扱いってすげえなおいw」といった様々な声が相次ぐこととなった。

とはいえ、それが一般客に向けて広く開放されている施設である以上、その安全性については問題ないのだろうが、それでもこうした状況でのプレイはなかなか勇気がいるところ。デッドボールを避けることが苦手な人は難しいかもしれないが、「我こそは」と思う猛者は、試しに一度訪れてみてはいかがだろうか。

■『月曜から夜ふかし』公式サイト(月曜23時59分から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/yofukashi/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む