NASAが1年間、宇宙から地球を捉え続けたタイムラプス映像が美しすぎる【動画】


母なる地球は美しい。それは疑いようの無い事実だ。

https://www.youtube.com/watch?v=CFrP6QfbC2g


NASAの「EPIC(Earth Polychromatic Imaging Camera)」と呼ばれるカメラが、完璧なまでに美しい地球の1年の姿を映し出している。

EPICが2015年1月から担っているのは、約1億5000万キロメートル離れた地球と太陽の間に佇み、地球を撮り続ける専属カメラマン、と言ったところだろうか。

その時以来、EPICは太陽の周りを1年かけて回りながら、365日間 3000枚の画像を送り続けている。

"専属カメラマン"EPICの作品が上の動画。EPICでコマ撮りした画像を組み合わせて作られた美しい「タイムラプス」動画である。これが宇宙から見た地球の1年の姿だ。

壮大で神秘的な、2分46秒間の映像をご覧いただきたい。

EPICが2時間ごとに1枚撮影した画像をもとに作られた雄大なタイムラプスは、さまざまな自然の姿を映し出す。大陸や砂漠、森林に海域、そして気候の変動などで生じる希少な現象も実に興味深い。

NASAのEPIC主任開発員であるジェイ・ハーマン氏によると、2016年3月8日、月が地球と太陽の間を通り過ぎ、EPICが皆既日食を撮影したそうだ。

映像でもご確認いただけるように、地球に映る月のシルエットが見事に投影されている。EPICは、まさしく"EPIC(最高)"だ!

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む