【ディズニー情報】激人気の「タートル・トーク」にニューフェイス! ジンベエザメのデスティニーやタコのハンクなどの「ドリー組」が緊急参戦!


東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーシーで大人気のアトラクション「タートル・トーク」に、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のキャラクターが新登場することを発表した。2017年春のリスタートに伴い、現行の「タートル・トーク」は、2017年の冬に工事で一時クローズするという。


この「タートル・トーク」は、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』を題材にしたシアタータイプのアトラクションで、陽気なウミガメのクラッシュによるユーモアと当意即妙な軽快トークがゲストに激人気! あのお笑い芸人の千原ジュニアがクラッシュの達人過ぎるべしゃりのテクニックを「人志松本のすべらない」内で激賞するなど、小さなキッズから大のオトナまで数多くのゲストの愛を受けているアトラクションだ。その「タートル・トーク」に2009年10月のオープン以来、初めて新たな海の仲間たちが!


いわゆる"リハブ"を経て生まれ変わる新たな「タートル・トーク」には、べしゃりが大好きなドリーとクラッシュの息子スクワートたちとのかくれんぼをはじめ、ニモの父親のマーリンとスクワートの兄弟たちの愉快な掛け合いなどが大炸裂! また、『ファインディング・ドリー』に登場するジンベエザメのデスティニーやタコのハンクたちがやってきてゲストに話しかけたりと、同シリーズのファン垂涎のオールスター状態に! クラッシュを中心に、登場キャラクターを大幅に増員する新生「タートル・トーク」に期待ですわ!


ちなみに、どのキャラクターがどういう感じで登場するかは当日のお楽しみだそうで、「もしかしてランダムかよ!」というわくわくな意見も飛び出そうな新生「タートル・トーク」! S.S.コロンビア号内の海底展望室で"サイコー"なひと時を過ごしちゃおうぜ!

※「タートル・トーク」は、株式会社講談社が提供しています
※写真はイメージです。実際のサービス、プログラムなどを保証するものではありません
(C) Disney/Pixar



■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む