住んでると気持ち悪くなる? 衝撃のワケあり物件にSMAP中居正広も思わず仰天 


7月26日夜に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)に、あまりに強烈な状態となっているがゆえに、激安な家賃が設定されているという「ワケあり不動産物件」が登場し視聴者の間で話題となっている。


【あなたの知らなきゃ良かった世界 ワケあり物件編】と銘打たれたこの日、番組ではいわゆる「ワケあり物件」が生まれる背景や、物件を取り巻く事情などについて紹介しつつ、具体的にいくつかの物件を紹介。その中でとりわけ視聴者の注目を集めることとなった横浜の一軒家は、築43年であるものの、和室が3部屋で3DKの間取りと、かなり広めの物件となっていたが、その家賃たるや相場の半額だという破格の5万円。しかし、いざ訪ねてみると室内はボロボロで、幽霊屋敷さながら。しかも、不動産業者の話によると、家が傾いているため、平衡感覚に狂いが生じてしまい、「住み続けると気持ち悪くなる」とのことで、検証のためにビー玉を置いてみると、コロコロと床を転がってしまうほどであった。この状況を見た、SMAP・中居をはじめ、スタジオの出演者一同は驚きの声を上げた。

以前も、同番組では同じ「ワケあり」でも、そこで事件が起きたり、死亡する人が出てしまった「事故物件」の特集を行ったことがあったが、今回は事故や事件にこそなっていないものの、そのインパクトはかなりのもの。特殊な状態ゆえに、おのずと借りられる人は限られてくるとは思うが、常日頃、高額な家賃にお悩みだという人は、一度、検討してみても良いのかもしれない。

■『中居正広のミになる図書館』(火曜よる11時15分からテレビ朝日系列にて放送)
www.tv-asahi.co.jp/mininaru/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む