韓国・ソクチョに「ポケモンGO」の横断幕が掲出→市が無許可で作ったものと判明し物議


世界的に話題になっているスマートフォンゲーム『ポケモンGO』だが、アジア圏では7月22日にリリースされ国内でも話題となっている。韓国や中国でのリリースはまだだが、国内の人はリリースを心待ちにしているようだ。


しかし、海外アカウントや別ルートで入手した『ポケモンGO』で遊んでいる人が既に居るらしく、韓国だけで既に100万アカウントが確認されている。サービスは開始されていないが一部の地域でポケモンが居ると話題になり、束草(ソクチョ)という韓国の北寄りの場所が注目を集めている。

この場所に『ポケモンGO』ファンがバスで集まり、更にバスツアーまで行われたほど。お陰でバスのチケットは完売になってしまったとか。

そんな『ポケモンGO』の人気に目を付けたソクチョ市が、毎日やってくる『ポケモンGO』ユーザーに向けた横断幕を設置したのだ。

お馴染みのポケモンたちのイラストにロゴ入りの横断幕だが、実はこれ非公式で作られたもの。市が素材を集めて作成したという。これが確認されたのは7月15日頃。この著作権問題に対して市は7月19日に「キャラクターの著作権に関する法的検討と予算支援を検討する」としており、権利を得た正式な横断幕や現地での取り組みを行う姿勢だそうだ。

しかし権利問題が解決する前に無許可で横断幕を出してしまったことは指摘され、現在もその横断幕は撤去されずに掲示され続けている。



■参照リンク
Pokémon GO 公式サイト
http://www.pokemongo.jp/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む