TOKYO No.1 SOUL SETと福山雅治が奇跡のコラボ! 映画『SCOOP!』主題歌に期待の声続出


大根仁監督、福山雅治主演の映画『SCOOP!』の主題歌「無情の海に」にTOKYO No.1 SOUL SET feat.福山雅治 on guitar名義で、ギタリスト福山雅治として参加することがわかった。


原田眞人監督・脚本作品『盗写1/250秒』(85)を原作に、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語を描く本作。福山は、かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマンを演じる。

大根監督は、写真週刊誌の編集部の目線から、"東京の夜"を切り取っている本作の音楽を考えた時、劇伴をTOKYO No.1 SOUL SET・川辺ヒロシに依頼。同じ世界観の繋がりを大事にしたいという思いから、主題歌も、TOKYO No.1 SOUL SETが制作を進めていた。

そんな折、何度か、ライブでギターを弾く福山を観た大根監督が「主題歌に福山さんのギターが入ったら、主題歌が更に面白くなるんじゃないか」との思いに駆られ、両アーティストに話を持ちかけ、双方快諾。福山のギターでの参加が決定した。

レコーディングは、TOKYO No.1 SOUL SETが制作した音源に、福山がギターを重ねる形で行われた。レコーディング後の音源を初めて聞いた大根監督は「良いじゃないすかー。こういう大人仕事のギター、好きなんすよねえ。この誰も思いつかない組み合わせが意外とマリアージュしていますね。いや、これは面白い」...とご満悦の様子。

劇伴を担当した川辺は、福山のギターに「80年代ディスコ」をイメージしてもらったといい、出来上がった楽曲には、「この素晴らしい映画と共に一生聴いてもらえる作品に仕上がったと感じております」と自信をのぞかせている。川辺が「誰も予想できなかったこの組み合わせ(本人も)」と語っているこの奇跡のコラボレーションに対して、実は「ディスコに行ったことない」という福山は、「今回のTOKYO No.1 SOUL SETさんとのセッションが僕のディスコデビューです。高校の先輩に、街で噂の不良っぽいお店に連れて行ってもらったような、そんな刺激的な体験でした」「ギターのみでの参加、嬉し過ぎます!」と、喜びのコメントを残している。

このコラボレーションに対し、ネット上では「おもしろい!」「大根仁監督やってくれるね」「ギタリストましゃ、映像でも観たい〜」「いい意味でへんてこな組み合わせ!楽しみ!」「とんでもないコラボが・・・!」「福山雅治がボーカルで参加しない贅沢さ」「とっても渋谷系」「ビックリした」「名曲誕生の予感」など期待の声が相次いでいる。



映画『SCOOP!』は10月1日(土)全国公開

©2016映画「SCOOP!」製作委員会

■映画『SCOOP!』公式サイト
scoop-movie.jp

■今月のAOL特集
キム・カーダシアン、セクシーすぎるセルフィー史【フォト集】
続きを読む