東山動植物園のイケメンゴリラ、『ターザン』のポスターに起用される!園長「まさかハリウッド映画のポスターに起用されるとは・・・」


2016年夏、世界中を魅了してきた名作「ターザン」が、『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフによって全く新しいスタイリッシュ・アクション・エンターテイメント大作として生まれ変わる!映画『ターザン:REBORN』がついに7月30日(土)より公開だ。

公開を記念して、なんとAOLニュースでも過去に取り上げた"イケメンすぎるゴリラ"の『シャバーニ』(東山動植物園・愛知県名古屋市)とのコラボが決定という、とんでもないニュースが飛び込んできた。

どういうコラボかと言うと・・・よく見ていただきたい、この2つのポスターを。
(コレと)

(コレ)


一見、背景はそのままにUS版ポスターのロゴや表記のみを日本用にカスタマイズしただけのポスターに見えるが、よく見ると主要登場キャラのひとつである、ゴリラがシャバーニに入れ替わっているのだ!

(!)


(こういうこと)


シャバーニは、ジャングルを駆け抜けるターザンを取り囲むゴリラの1頭として合成で参加している。

ニシローランドゴリラのシャバーニは、TVやネットで話題沸騰になるばかりではなく、昨年発売した写真集はAmazonの写真集カテゴリーで1位を獲得。その人気は日本国内に収まらず、AFP通信、英BBC、米CNN、英紙デイリーメールでもそのイケメンさと人気ぶりが報じられたゴリラ界のカリスマだ。流し目や彫りの深い整った顔立ちは、人間顔負けのりりしさ。そのセクシーな姿を一目見ようと、東山動植物園ではゴリラ舎の前で出待ちするファンも絶えない。まさに従来のゴリラのイメージを覆すシャバーニのスタイリッシュな男前ぶりに、白羽の矢が立った。

北欧が誇る、今ハリウッドを代表する最も旬なイケメンとして名高いアレクサンダー・スカルスガルド演じる、従来のイメージと常識を覆す"英国貴族のイケメンすぎる新たなターザン"。実はその背景には、ターザンは産まれて間もなく国の反乱に巻き込まれ、ジャングルでゴリラに育てられたという、壮絶な人生が。森の賢者とも呼ばれるゴリラとともに成長したターザンは、ジャングルでは心強い相棒同士だ。

意外にも、シャバーニはハリウッド映画とのコラボは初!東山動植物園の動物園長も「まさか、シャバーニがハリウッド映画のポスターに起用されるとは・・・。映画を見たあとは、東山動植物園で本物のシャバーニはもちろん、ゴリラの魅力をもっと知ってほしい」とコメント。ポスタービジュアルからは、まるでターザンと妻・ジェーンを守るかのようなシャバーニの心情が伝わってくる。ハリウッドデビューに向け、役作りの準備はバッチリ?!



7月30日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー
(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

■参照リンク
『ターザン:REBORN』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/


■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む