イケメンマッチョターザンの敵は凶悪ゴリラ?それとも「ウォーボーイズ」風白塗り現地民族?! ストーリーに焦点を当てた特別映像到着



全米で公開後、2週連続1位を獲得した期待作『ターザン:REBORN』がいよいよ日本でも公開!USのファンを魅了したハイクオリティなアクションや"ハリポタチーム"が手掛ける映像美が日本のファンを圧倒することは間違いないのだが、「全てを手に入れた男が、愛するものを救うためジャングルに戻る」という斬新すぎる設定も魅力の本作。この度、新たに生まれ変わったストーリーに焦点を当てた特別映像が到着した。

https://youtu.be/UAAHghs6Fyw


映像冒頭では、鍛え上げられた肉体美をあらわにジャングルに立ちすくむターザンと、"英国スーツ"を着こなし優雅に紅茶をたしなむターザンの、同一人物とは思えぬような両極端な姿が映し出される。

本作で、全く新しいターザンを演じた北欧イケメン俳優アレクサンダー・スカルスガルドが「誰もが知るストーリーだが、新たな視点で描いている」と語る姿とともに、かつて仲間であったゴリラがターザンに襲い掛かるショッキングなアクションシーンや、故郷のジャングルで待ち構える敵、レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)の姿、そしてジャングルに向かうまでの広大な景色が広がる。

さらに、ジョージ役を演じたサミュエル・L・ジャクソンが「ツタからぶらさがったりもするし、ゴリラも出てくる。盛りだくさんだよ」と見どころを語るように、ジョージに襲い掛かる巨大なゴリラを始め、そしてさらわれた妻・ジェーン(マーゴット・ロビー)を助けるべく、崖から森に飛び込み、蔦を使い森の中を飛び回っていくターザンの姿など、本作ならではの迫力と爽快感のあるシーンが次々と映し出され、観る者を"ターザンアクション"の世界へ誘う。

スカルスガルドが「多くの脚色は野生を飼いならすことがテーマ。でもこの映画は、野生を"解き放つ"ことがテーマ」と語る場面も。終盤では、ロムらが待ち構える町にライオンやヌーの大群が押し寄せ、砂埃と地響きを感じさせるような、最後までリアリティと緊張感のあるシーンが映し出され、リボーンしたターザンへの期待が止まらない映像になっている。



さらにさらに、本作で絶対見逃せないのが、ターザンと対峙する現地民族との怒涛のアクションバトルだ。ムボロンゴ族の全身白塗りのビジュアルは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)の狂信的な武装集団「ウォーボーイズ」にも通ずる独創的な様相を呈し、デイビッド・イェーツ監督による唯一無二の狂気の世界観をあらわしている。


梅雨明けを迎え、いよいよ夏本番になった日本に上陸した「新生ターザン」。テンションMAXになるこの季節に、見どころだらけの本作を見逃すわけにはいかない!!!

映画『ターザン:REBORN』は丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか2D/3D全国公開中!

©2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.



■映画『ターザン:REBORN』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む