あと45日間しか親と過ごせなかったら...?中国発のあるCMが涙腺崩壊と話題に【動画】

others

現在、中国では1年で最も重要な祝日である旧正月でさえ、7割の子どもが親と1日程度しか過ごさないという。親元を離れて生活する若者たちは、忙しいから、叱責されたくないから、自分の仕事のことを話したくないから......と理由はさまざまだが、なかなか実家に帰らないのだそうだ。

そんな現状を見かねた中国のコカ・コーラが、あるCM作品を公開した。

https://www.youtube.com/watch?v=Vg7yinJi0as


『45日間も正月休暇が取れたらどうする?』という問いかけに答えるのは、CAの女性、配送業の男性、体操選手の女の子。それぞれ

「ずっと行きたかったスペインに旅行しに行く」
「妻と子と家族と旅行」
「ゲームをして過ごす」

と答えるが、『親と45日間いっしょに過ごすのは?』と聞かれると、

「長く離れていたから、今さらどうすればいいのかわからない」
「逃げ出すと思う」
「10日で十分」

と、そっけない回答ばかり。では両親たちは? 当然、子どもと一緒に過ごしたくない親などいない。

「彼女の好きだったバイオリンを聞かせてあげたい」
「どんな仕事をしているのか知りたい」
「これまでしてあげられなかったことをしてあげたい」「いつもあなたのことを考えている」

そんな親たちに、子どもたちの生活と親への本音を見てもらう。

「忙しいけど仕事が好き。フライトで遠くへ行っている時間が多いから母親に仕事を変えてほしいと言われるけど、それはしたくない」

「本当はフォトグラファーになるために家を出たが、事情があって全く関係のない仕事に就いている。父は機嫌を損ねると取り付く島がないので説明したくない。今でも仕事のことは隠している」

「みんなの前で怒ったりなじったりするんじゃなくて、普通に話したい」

子どもの本音を知った親たちはショックを隠し切れず、中には号泣してしまう母親も。

そんな親の涙を、今度は子どもたちに見せる。年に1度しか帰らなくても親は子を想い、毎日のように会いたいと願っているもの。忘れてしまっていた愛情を思い出して涙する子どもたち。そこへ両親がサプライズで現れると、親子はその絆を確かめるように強く抱きしめ合う......。


このCMいわく、親もとを離れて働く若者たちが1年間に実家に帰る平均日数は7日という調査結果が出ているという。これを計算すると、我々が家族で一緒に過ごせる時間は、およそ45日しか残されていないのだとか。あまりにも短い、親子に残された時間。どう使うかはあなた次第だ。

【参照リンク】
http://www.cocacola.co.jp/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む