トム・ヒドルストン主演『ハイ・ライズ』から美しすぎる本編映像到着 ちょっとあやしい高級マンションのビジョンが明らかに【動画】



『マイティ・ソー』のロキ様にして"ポスト ジェームズ・ボンド"の最有力候補、そしてテイラー・スウィフトの新カレ...何かと話題に事欠かないイケメン俳優トム・ヒドルストン主演の映画『ハイ・ライズ』が8月6日(土)に公開される。この度、本作の舞台である新築タワーマンション(=ハイ・ライズ)のゴージャスなビジョンが明らかになる本編映像が到着した。

https://youtu.be/eQL7T76PCKg


英国が誇る豪華俳優陣が集結し、巨匠J・G・バラードの名作SF小説を完全映画化した本作の見どころのひとつが、圧倒的な映像美。今回到着した本編映像には、人々の生活の夢を具現化したかのような理想の住居空間「ハイ・ライズ」の、まるで楽園のような美しさを誇る最上階(ペントハウス)と、建物のビジョンが映し出され、ミステリアスかつアーティスティックなビジュアルを堪能できる。

若き医師ラング(トム・ヒドルストン)がこのマンションに住み始めて間もなく、マンションを設計し象徴として最上階に住む建築家ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)から突然40階に招かれる。ラングはロイヤル専用のエレベーターで最上階に向かい扉を開くと、究極に手入れが行き届いた庭園が広がっていた...。楽園に迷い込んだような美しさに思わず息を飲むラング。奥にある事務所に行くと、ロイヤルは新棟設計の作業を進めていた。それは、彼らが住む棟を含め5つの棟が池を囲むという壮大なビジョンで、彼は多様な人々が集まる変化のるつぼを作りたいという社会工学の実践を目指していた。そのビジョンを詩的に捉えるラングの感性をロイヤルは気に入り、本来は立ち入りが許されないこの階に度々招かれ、ふたりの階級を超えた交流が始まる。しかし、ラングのこうした姿勢を "上からの回し者"と捉える住民もおり――。

ロイヤルを演じたアイアンズは本作のお気に入りのセットとしてロイヤルの事務所を挙げ、「何にも邪魔されないで思考することができる。想像力をかき立てる白を基調とした部屋だ。新しい発想を止めないこの事務所が大好きだ」と、まるでロイヤルと同化したかのような感想も述べている。


映画『ハイ・ライズ』は8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開

© RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

■映画『ハイ・ライズ』公式サイト
www.transformer.co.jp/m/high-rise/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む