『ハリー・ポッター』について「あなたが知らないかもしれない8のこと」


『ハリー・ポッター』シリーズ第8弾の最新本を祝してポッターマニアも驚く8つの事実を紹介しよう。


1. J.K.ローリングは、ハーマイオニーをハリーとではなく、ロンとくっつけたことに後悔している
『ワンダーランドマガジン』の取材でエマ・ワトソンと対談した際、J.K.ローリングはこう語っている。「ハーマイオニーとロンの関係を願望が満たされる形で綴ったのは私が個人的にそうしたかったから。評判は気にしなかった。こんなことを言ったら皆さんは傷つくかしら。そうでないといいわ」

2. J.K.ローリングはロンを死なせることを"真剣に"考えた
ローリングはインタビューで、ハリー・ポッターの主演トリオを死なせるつもりは全くなかったが、シリーズの半ばを過ぎたころ、同氏があまり幸せを感じなかった時期に考えたことがあると明かした。

3. ハリーとヴォルデモートには血縁関係があった
この敵同士は、「死の秘宝」の所有者を通じた遠縁に当たる。ハリーは透明マントの最初の所有者イグノタス・ペベレルの子孫である。そして、ヴォルデモートは蘇りの石の所有者であるイグノタスの兄、カドマス・ぺべレルの子孫だ。

4. J.K.ローリングが、最初にホグワーツ魔法魔術学校のグリフィンドール、レイブンクロー、ハッフルパフ、スリザリンという寮の名前を書いたのは、飛行機の中のエチケット袋
忘れないようにメモしておいたのだという。幸いにも袋は使用されなかった。

5. ハリー・ポッターとJ.K.ローリングは同じ誕生日

6. ダニエル・ラドクリフのスタントマンはハリー・ポッターのセットで体を負傷した
『ハリー・ポッターと死の秘宝』の撮影中、ハリー・ポッターのスタントマンを務めるデビッド・ホームズは脊椎を損傷した。現在は車いすを使用している。

7. シリーズ8作品を通してダニエル・ラドクリフは約160本の眼鏡を使用した

8. また、ダニエル・ラドクリフはこれまでに約5,800回ハリーの額の傷をメークしてきた



■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む