牛乳にLEDの光をあてると味や品質に影響が!? 驚きの調査報告が話題に


節電に役立ち、環境にも優しいとされるLEDライトに思わぬ弊害があったという調査報告が発表された。


米ニューヨーク州のコーネル大学の調査によると、米国内で使用されているミルク容器は、LEDライトの光にさらされると、品質を落とすというのである。

研究によると、「まったくLEDライトに当てていない2週間前のミルク」と「数時間LEDライトに当てた新鮮なミルク」では、消費者は前者の味を好んだという。

実は日光や人工照明が、味に影響を及ぼすというのは以前から知られている。光エネルギーを受けるとミルク内のリボフラビンや、その他の感光性成分が活発化し、タンパク質や過酸化脂質に影響を与え、品質を劣化させるのである。このせいで、プラスチックや段ボールのような味がするのだとか。

日本では牛乳といえば紙パックのイメージが大きいが、米国では半透明の容器に入っているのが主流。研究者らは、遮光性のあるパッケージにすることで、味への影響を抑えることができると指摘している。


■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む