これはスゴい!高度7600メートルからパラシュート無しでダイブ!前人未到のスカイダイビングが話題に【動画】



アメリカ人のプロ・スカイダイバー、ルーク・エイキンスが25,000フィート(7,620メートル)の上空からパラシュート無しでのダイビングという前人未到の記録に挑戦し成功した。

https://www.youtube.com/watch?v=cb4xCy7VQ0Y


今回アメリカ・カリフォルニア州の砂漠地帯、シミバレーで行ったチャレンジでは、パラシュートなしで2分間落下しながら、4機のクレーンにより地上数60メートルの高さに設置された30メートル四方のネットに着地した。

42歳のスカイダイバー、エイキンスはこれまでに18,000回の飛行に成功して来たベテランだが、約2年前に、友人の生理学者クリス・ダリー氏とこのチャレンジを発案。時速190キロメートルの速さの落下に耐えうる肉体の鍛錬の一方で、ダミーによる落下訓練も繰り返し実施し、シュミレーションを行なうなど綿密な準備を行った。約2分間続いたダイビングは、高度7,620メートルからジャンプ、5,500メートル時点で酸素マスクを分離、常に落下時点を確認するためにネット上にライトを配置しターゲットにして、背面からネットに着地した。

この挑戦の模様はアメリカのFOX局で生放送され、高度、速度、風速、心拍数など細かいデータと共に紹介。チャレンジ成功後には「ずっと空中に浮いているようで、なんだか信じられない状態だった。本当に素晴らしい経験だった」とコメントした。


■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む