新たな「カンジダ症」は超危険!おどろくほど高い死亡率が話題に


感染者の60%が死に至る、恐ろしい「カンジダ症」の実態が話題になっている。


世界中に流行しつつあるという新型のカンジダ症「Candida auris」には抗生物質が効かず、なんと感染者の60%が死に至るという。

イギリスの疾病対策センターは、アメリカなどで発生している「Candida auris」に注意を呼びかけた。同センターのトム・チラー氏によると、「Candida auris」はカンジダ症の治療に通常使われる主要な抗真菌薬1~2種、もしかすると3種に耐性があることが判明しているという。

さらに、人間同士の接触で感染するだけでなく、カンジダ菌が付着した物からも感染するようだ。病院でも、定期的な患者のスクリーニング、汚染除去、隔離などを行うことで感染管理を改善しないかぎり、院内感染を防ぐことは困難だというから恐ろしい。

「Candida auris」は2009年に初めて日本で発見され、これまでに韓国、インド、南アフリカ共和国、クウェート、パキスタン、コロンビア、ベネズエラ、イギリスで確認されているとのこと。英<デイリー・スター>によると、この恐ろしいカンジダ症の感染を予防するためには、定期的に手を洗い、局部を清潔に保ち、清潔な下着を着用することが推奨されるているそうだ。また、ぴったりとしたズボンを履かないようにすること、プールから出たら水着を着替えることもオススメだというが...。

また、糖分の摂り過ぎは膣内の善玉菌のバランスを崩し、性器カンジダ症を招くという情報もある。カンジダは真菌(カビの一種)でイースト菌の仲間と言われるが、イースト菌は糖分を栄養とするので、糖分の摂り過ぎはよくないということのようだ。

この新型のカンジダ症についてはまだ情報が少なく、これらの情報の真偽のほどはわからないが、今後も新情報を気にしておいたほうが良いかもしれない。

【参照リンク】
http://www.dailystar.co.uk/real-life/527527/Thrush-yeast-infection-deadly-Candida-auris-England-UK

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む