仮想空間で生身の人間がバトル!近未来のニューヨークを舞台にしたSFスリラー『VR ミッション:25』11月公開決定


近未来のニューヨークを舞台に、仮想空間でのスリリングな戦闘を描くSF作"THE CALL UP"が、邦題『VR ミッション:25』として、11月19日(土)より池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されることが決定した。


本作は、ミステリアスな最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」の体験版をいち早くプレイできるという、夢のような招待状を受け取ったオンラインゲームのエリート8人が、命がけのリアルな戦闘に巻き込まれるSFアクション・スリラー。近未来のオンラインゲームで生身の人間(犯罪者)たちが遠隔操作されて戦うジェラルド・バトラー主演の『GAMER ゲーマー』(09)や、人気YA(ヤングアダルト)小説を基に謎の巨大迷路に囚われの身になった記憶を消された若者たちの脱出劇を描いた『メイズ・ランナー』(14)といったSFアクションを彷彿とさせる、ゲーム感覚満載のソリッドな作品だ。

プレイヤー自身が実際にゲームのキャラクターになり、銃やナイフを持ってテロリストと死闘を繰り広げるという、臨場感あふれるスリリングなアクションがつまった骨太でサスペンスフルな作品に仕上がっている。

監督と脚本を担当したのは、これがデビュー作となるチャールズ・バーカー。彼が情熱を燃やすシューティング・ゲームとSF映画を画期的に融合したのが本作である。主演は、『イントゥ・ザ・ストーム』『2月の夏』のマックス・ディーコン、ベストセラー・ゾンビ小説を映画化した『高慢と偏見とゾンビ』(16)やケイト・ベッキンセールと共演した『Love & Friendship』(16)のウェールズ出身の新進女優モーフィッド・クラーク、リドリー・スコット監督のスリラー『悪の法則』(13)や大ヒット・ファンタジー・アクション『スノーホワイト』(12)、日本の人気アニメ&コミックを実写化する『Ghost in the Shell』(17)に出演しているクリストファー・オビ、そして『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)『サバイバー』(15)のパーカー・ソウヤーズら、今後の活躍が楽しみなフレッシュな顔ぶれが集結した。

VR元年とも言われている2016年。本作はそんなVRの近未来に対する警告でもあり、必見の作品であることは間違いない!


近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを始める。リアルな戦場さながらのゲームの世界に興奮するのも束の間、彼らはすぐにこのゲームが罠であることに気づく......。

『VR ミッション:25』は11月19日(土)池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

The Call Up Officlal Trailer(https://youtu.be/3e6A86qsqgc)


■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む