「料理の鉄人」服部先生も20回泣いた!築地市場ドキュメンタリー映画、海外映画祭に続々出品 英語・中国語版の予告も


築地市場に初めて1年以上に渡りカメラが入り映画撮影を敢行したドキュメンタリー映画『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』が10月1日(土)より公開される。5月にシアトル国際映画祭でのワールドプレミア上映を経て、世界からの注目度を増した本作が、この度新たに海外の映画祭への出品が決定した。


80年に渡り日本の食文化を支え続けてきた東京都中央卸売市場築地市場は、今年11月、豊洲への移転を予定している。本作は、一般の人は足を踏み入れることのできない築地の深部まで迫っていく。今回新たに出品が決定したのは、中東のレバノンで開催される第16回ベイルート国際映画祭(10月5日〜10月13日)と、アメリカ合衆国ハワイ州で行われる、第36回ハワイ国際映画祭(11月3日〜11月13日)。他にも海外での公開が順次決定し、アジア諸国で築地への関心が高まる。

さらに、英語版と中国語版の予告編も制作されている。これは、7月に解禁された本作の予告編が、SNSなどの拡散により解禁日からわずか1週間で100万人に視聴されたという反響を受けたもの。国内のみならず、海外からも多くの注目を浴びている本作は、日本が誇るべき伝統的な食文化を海外に発信し得る重要な作品とも言えるのかもしれない。

英語版予告篇


中国語版予告篇


今回は、本作に出演している料理研究家の服部幸應氏からも応援コメントが到着。
20回泣いた。
日本人こそが、一番築地を知らないということに気づかされる。
絶対にみるべき作品。
服部幸應(料理研究家)

日本人が見るべき映画として、食のプロの心に刺さった本作、それを深く表すコメントとなっている。


『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』は10月1日(土)築地(東劇)先行公開/10月15日(土)全国ロードショー

©松竹2016



■『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』公式サイト
tsukiji-wonderland.jp

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む