一見普通の小さなカエル、でもお腹側から見ると・・・?



一見、普通の小さなカエルのように見えるが、これはグラスフロッグ(学名Hyalinobatrachium dianae)と呼ばれるカエルだ。



上から見ると実に鮮やかな緑色をしているが、その名前が示すとおり、お腹側はガラスのように透き通っている。

映像を見れば、皮膚を通して心臓、肝臓、腸などの内臓が透けて見えるのがわかるはず。
グラスフロッグは中米コスタリカ東部の標高400〜800メートルの山林に生息。夜行性で、日中は葉の裏に隠れて過ごすという。

ちなみに、南米コロンビアの通貨500ペソにはグラスフロッグが描かれているが、熱帯雨林の減少により、このカエルの数種は絶滅の危機に瀕しているとのこと。

中米に行かれたら、グラスフロッグを踏まないように注意することはもちろんだが、是非ともその珍しい姿を間近で観察してみてはいかがだろうか?

■参照リンク
http://www.aol.com/
■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む