「モデル活動を続けるために私に寄付して!」32歳のセクシーモデルが資金援助を懇願


現在32歳のセクシー水着モデルが、"モデル活動を続けるため"の資金をドネーションサイトで募っている。



ジェン・ウィルクさんは超メジャー男性誌<Maxim>や<Playboy>に登場した経歴を持つ水着モデルだが、その生活はなかなか大変らしい。モデルは基本的に歩合制なので収入は不安定だし、なにより"自分磨き"のための費用はバカにならないだろう。


「私はモデルを生業としており、日々の生活の全てがモデルであることを中心に回っています。そのためには常に食べ物に気をつけ、ジムに通うことは基本中の基本。モデルとしてのキャリアを成功させるにはありとあらゆる努力が必要なのです」

「これは、企業が一流ブランドを生み出し維持していくのと同じことだと私は考えています。そう、私は自分というブランドを作り上げている、そういう意識で仕事をしているんです」

「努力の甲斐あって、今月末に開催される<Maxim> 誌の『Hot 100パーティ』にVIPゲストとして招待されるなど、ここ最近はメジャーで大きな成功に恵まれています。私は今まさに、勝負時なんだと思っています」


つまり「もう少しでビッグになれそうだから経済的な助けが欲しい!」ということなのだろう。ちなみに出資者には、10ドルでセルフィー、25ドルでサイン入り写真、50ドルでサイン入りポスターなどが金額に応じて贈呈されるそうで、やっていることは日本のアイドルとあまり変わらない。

恵まれない子どもたちのために50ドル寄付するか、もしくはセクシーなポスターを50ドルで買ってモデルのキャリアを援助するか、それはもう個人の価値観の問題だ。しかし、彼女が設定した目標金額10,000ドル(約100万円)に対し、現在わずか830ドル(約8万5000円)しか集まっていないところを見ると、さすがに「ちょっとこれは......?」と疑問に思っている人が多いようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=EYm1prVJVr8



【参照リンク】
http://www.break.com/article/model-jen-wilke-begs-public-for-s10000-3039439
■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む