人生において本当に必要な友達の数って何人? ある調査結果が話題に


あなたはどれくらい多くの友人をお持ちだろうか?


ある最新の調査によれば、人生において本当に必要な友人の数はたったの5人だという。この調査を行ったイギリスの人類学者ロビン・ダンバーさんは、友人関係を"層"に分けて説明している。

一番上の層は、配偶者や日々やり取りをしている一番仲のいい友達が占めている。次の層は、関係を保つために週に1度は気に掛ける必要がある、最大4人までの友人らだ。その次の層は、ちょっとした知り合いから構成される。

それぞれの層は、いかに多く接しているかで決まってくる。

例えば、仲が良くなればなるほど、多く接することが必要になり、逆に接触が減ればただの知り合いになってしまう。

専門家の話では、浅い交友関係は孤立を引き起こし、孤立は死の危険性を高めるとされている。

ちなみに、友人グループが大きくなると、その分、グループの中での責任や義務が生まれストレスの原因になるため、これが仲の良いグループが少人数になりやすい理由の1つであるとのこと。

SNSでたくさんの友人と知り合ったとしても、必要なのは身近にいる少数の友人なのかもしれない。



■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む