コーヒーの抽出かすを利用してキノコを栽培!? 優れモノのコーヒーメーカーが登場


南米コロンビアの工業デザイナーが、朝のコーヒーだけでなく夕食用のおいしいキノコを栽培するコーヒーメーカーを発明した。


このHIFAコーヒーメーカーは、コーヒーの抽出かすを食用キノコ栽培の培地にしてしまうのだ。

抽出カスは本体下部に格納されて、キノコ栽培の肥料になる。ここに菌糸を植え付けて水を与えると、キノコが生えてくるというわけだ。

本体上部は二重構造になっていて、コーヒーを長時間保温することができ、またキノコ栽培に最適な暗さと湿度を確保している。

世界コーヒー機関(ICO)によると、世界では60キロの袋にして年間1億5,000万袋ほどのコーヒー豆が消費されているが、そのうちコーヒーとして飲用されるのは1パーセント未満だという。

つまりこれはコーヒー豆を最大限に利用するコーヒーメーカーということになる。

So great.

Posted by Inhabitat on Thursday, July 14, 2016


■参照リンク
http://www.aol.com/
■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む