【死闘】巨大なビルマニシキヘビ VS アリゲーター!ある一枚の写真が話題に


米フロリダ州で、悩みの種となっているのがビルマニシキヘビだ。この外来種の侵略により、地元の野生生物が破壊的な影響を受けているのである。


しかし先日、ニシキヘビの個体数を減らそうと頭を悩ます州に、意外な動物から手助けがあった。

南フロリダ水管理局がツイッターへ投稿した写真には、戦いに勝利したアリゲーターが、ビルマニシキヘビの死体を運ぶ姿が捉えられていた。

写真と一緒に投稿されたコメントには、"マイアミ・デイド群の西部で、土手から泳いでくるアリゲーター。何と、ランチとしてビルマニシキヘビをくわえていた"とある。

今回のケースではニシキヘビが食べられるという結末だったが、彼らは決して弱い相手ではない。

過去には、ニシキヘビがアリゲーターを食べようとしたことも報告されているのだ。

また、CBSマイアミによると、2011年にアメリカ合衆国国立公園局が公開した写真では、ニシキヘビがアリゲーターを丸のみしようとし、最終的には死闘の末、両者とも死んでしまったそうだ。





■参照リンク
http://www.aol.com/
■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む