賠償請求額はなんと10円?!国家権力vs三流弁護士、韓国映画史に残る法廷サスペンス『国選弁護人ユン・ジンウォン』がアツい【予告映像】



韓国最大の映画賞とも言われる"青龍映画賞"で脚本賞を受賞した傑作法廷サスペンス映画『国選弁護人ユン・ジンウォン』の公開が10月1日(土)より東京・シネマート新宿、10月22日(土)より大阪・シネマート心斎橋にて決定した。



再開発に伴う強制撤去現場に立てこもりを続けていた住民の一人パク・ジェホ(イ・ギョンヨン)が暴動のさなか警官一名を殺害したとして逮捕される。しかし、ジェホの息子もまた現場で命を落としており、彼は「息子は警官に殺され、自分は息子を守ろうとしただけだ」と正当防衛を主張するが聞く耳を持つ者はいなかった。国選弁護人として担当した三流弁護士ユン・ジンウォン(ユン・ゲサン)も初めはジェホの言葉を疑っていたが、調べを進めるうちに事件の裏に隠蔽された何かがあることに気付く。

事件を隠蔽しようとする国家権力に対し、コネも学歴もないジンウォンたち弁護チームはただ真実のみを求め賠償請求額わずか100ウォン(10円!)の前代未聞の訴訟をおこす。はたして、裁判の行方は...!



2009年韓国ソウル市ヨンサン(龍山)区の再開発に伴う強制撤去現場で住民5人が死亡した実際に起きた事件にインスパイアされた本作。昨今、韓国でもさまざまな事件が起こり"権力vs市民"の構図は注目をあび、観客・批評家の両方から熱い支持を獲得した。

主役弁護士役に映画『プンサンケ』など映画・ドラマと幅広く活躍するユン・ゲサン。先輩弁護士役には『ベテラン』『王の男』などで知られるユ・ヘジン。そして本作で"韓国のゴールデングローブ賞"と呼ばれる百想芸術大賞にて助演賞を受賞した名優イ・ギョンヨンら個性派、実力派キャスト達が熱演を披露する。

韓国映画史に残る傑作法廷サスペンス映画『国選弁護人ユン・ジンウォン』は10月1日(土)より東京・シネマート新宿、10月22日(土)より大阪・シネマート心斎橋にて公開。

©2015 CINEMASERVICE All Rights Reserved.

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

続きを読む