『レゴバットマン ザ・ムービー』2017年4月公開!今度は「孤独な男の葛藤」を描く

すべてがレゴで組み立てられた世界で、可愛いキャラクターたちが活躍する2014年公開のCGアニメーション映画『LEGO Ⓡ ムービー』。子供だけではなく、練られたストーリーが話題を呼び大人の心までも夢中にさせ世界中で大ヒットを記録した。

そんな『LEGOⓇ ムービー』でヒーロー軍団を率いていたLEGOバットマンが主人公となり、新たなレゴ・アドベンチャー大作『レゴバットマン ザ・ムービー』が2017年4月1日(土)に日本公開することが明らかになった。


バットマンと相棒ロビンは、ゴッサムシティの乗っ取りを計画するジョーカーから街を守るため、ほかのヒーローたちと協力して戦うストーリーとなっている。

注目の声優陣には、レゴバットマン(ブルース・ウェイン)の声を『LEGO® ムービー』でも演じたウィル・アーネット(『ミュータント・タートルズ』)が再び担当。宿敵ジョーカーの声をザック・ガリフィナーキス(『ハング・オーバー!』シリーズ)、孤児ディック・グレイソンの声をマイケル・セラ、バーバラ・ゴードン(バッドガール)の声をロザリオ・ドーソン、執事アルフレッドの声をレイフ・ファインズが担当する。

前作に引き続きクリス・マッケイが監督を務め、「バットマンは前作の『LEGO® ムービー』でも主要登場人物の一人でした。作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、このチャンスを使って、作り手たちを窮地に追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったのさ(笑)」と思惑を語った。
さらにウィル・アーネットは「バットマンは孤児で孤独な男だからいろんな葛藤を抱えている。この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある」とコメントし、本作のストーリーの深いテーマにふれた。

また、「レゴ」のテーマパーク「レゴランド」が2017年4月1日、名古屋にオープンすることが決定しており、2017年はLEGO旋風が巻き起こりそうだ。

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』は、2017年4月1日(土)に日本公開。
© The LEGO Group. ™ & © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】

続きを読む