ハーレイ・クインにも「殺すか」の一言!『スーサイド・スクワッド』のクールビューティ担当「カタナ」がイケてる本編映像



全米で大ヒットの話題作『スーサイド・スクワッド』が9月10日(土)より公開される。本作で、ウィル・スミスやマーゴット・ロビーなどハリウッド屈指のトップスターと並んで主要キャストを務めるのが、新人女優の福原かれんだ。女優初挑戦にしてハリウッドデビューを飾った彼女が演じるのは、クールビューティーで冷酷な女サムライ・カタナ。今回、そんなカタナのカッコよすぎる登場シーンが映る本編映像が到着した。他を寄せ付けないオーラを漂わす彼女に、果敢にも友達になろうとするハーレイ・クインにも大注目な映像だ!

https://youtu.be/uzSzaSR4VuY


映像では、部隊のまとめ役リッグ・フラッグ大佐が、カタナがいかに危険な人物かを説明。仮面で素顔を隠しながら殺気立つカタナを前に、デッドショットらヴィランたちも相いれない様子で、見ているこちらも「本当にコイツらが世界を救うの?」と心配になってしまうほどだ。そんな中、ただ一人、彼女に興味津々なのが"悪カワ"ヒロインのハーレイ・クイン。一触即発なムードでもお構いなしの、彼女のマイペースすぎる様子に思わず笑ってしまう映像となっている。

そんな無口で冷酷なカタナを演じる福原だが、素顔はとても陽気な24歳。アメリカ育ちながら両親ともに日本人であるため、日本語も堪能だ。大学在学中には、ディズニーチャンネルやNHK BSのスポーツ番組でレポーターを務めており、日本人としても注目の新人ハリウッド女優である。

そんな彼女がカタナ役に大抜擢された理由の一つは、幼い頃から極真空手を習い、刀殺陣も凄腕という武闘派な一面。劇中で見せる刀さばきは圧倒されてしまう程の迫力となっている。福原は自身の出演決定について「オーディションで見せた私のパフォーマンスの中から、監督がその動きの意志や意味を見出してくれたんだと思います」と語っている。

『スーサイド・スクワッド』のワールドプレミアにて

こうしてハリウッド女優の仲間入りを果たした福原は、本作の豪華キャストたちともすぐに打ち解けたという。「みんなで合宿のように寝泊まりして、感情的な面でも結束ができました。最終的には家族にように感じていました」と、福原はキャストたちの仲の良さを語る。さらに、映像の中でにらみつけていたハーレイ役のマーゴット・ロビーについても、「彼女はお姉ちゃんのような存在。みんなでマーゴットの部屋に集まって、一緒にお寿司を食べながら、この作品がどれだけ楽しみなのか語り合ったりしました」と、劇中からは想像できない一致団結したエピソードを明かしている。

劇中とは正反対の"家族のように強い絆で結ばれたキャストたちが見せる、"チームワークがまるで感じられない"悪党たちの戦いは必見。さらに、福原かれんとマーゴット・ロビーの仲良しな二人がそれぞれに演じる、カタナとハーレイの噛み合わないやり取りにも注目だ。


『スーサイド・スクワッド』は2016年9月10日(土)全国ロードショー!

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC



■映画『スーサイド・スクワッド』公式サイト
suicidesquad.jp

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む