「肥満は13種類のガンを引き起こす要因」という研究結果が明らかに


太り過ぎは健康を害するということは周知の事実だ。では、"肥満"が体に及ぼす影響とは、実際にはどの程度なのだろうか?


世界保健機構(WHO)付属の国際がん研究機関(IARC)は、2002年に肥満により5つのがんの危険性が高まると発表していたが、今回、1,000を超える論文を調べ上げ、肥満によってリスクが高まる恐れのあるがんの種類を8つ追加した。肥満と関連していると考えられる13のがんは以下の通り。

1. 胃がん
2. 肝臓がん
3. 胆のうがん
4. すい臓がん
5. 卵巣がん
6. ​​​​​​​甲状腺がん
7. ​​​​​​​血液のがん(多発性骨髄腫)
8. ​​​​​​​脳腫瘍(髄膜腫)
9. ​​​​​​​子宮がん
10. ​​​​​​​腎臓がん
11. ​​​​​​​大腸がん
12. ​​​​​​​乳がん(閉経後の女性)
13. ​​​​​​​食道腺がん

研究によれば、この内の数種類のがんは、体重の増加に比例してがんのリスクも高まるという。乳がんにおいては、肥満指数(BMI)が30を超えると、BMIが5超過する毎にさらに10%リスクが高まることが分かった。

肥満の人が体重を減らすと、同時にがんのリスクも減らせるということが分かったが、この研究チームは、食生活と運動は喫煙しないことと同じくらい大事であると、多くの人に理解してもらえればと願っているようだ。



■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む