『007』スタッフが贈る海ドラ「ペニー・ドレッドフル」のヒロイン、エヴァ・グリーンが語るシーズン2の見どころ


1891年の英国ロンドンを舞台に、ヴァンパイア、フランケンシュタイン、狼男、切り裂きジャックなど、有名モンスターやキャラクターたちが一堂に存在するという大胆な設定や、『007 スペクター』(12)、『007 スカイフォール』(15)の監督サム・メンデスと脚本家ジョン・ローガンのタッグという最強の布陣が話題のダークアクションドラマ「ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~」。この度、ボンドガールにして、シーズン1、2を通して本作に出演している女優、エヴァ・グリーンが本作について語った。


――エヴァさんの演じるヴァネッサは言い表すとしたら、どんなキャラクターですか?

クールで上品にみえるけど、燃え盛る炎を内面に持っている複雑なキャラクターで、演じるのはすごく難しい。彼女は常に自分自身と闘っているようだわ。葛藤しているの。闇の力に取り憑かれていて、時としてそれが表に出て来てしまう。だからそれを制御しようと全力を尽くすの。

――シーズン1の最後のヴァネッサについて教えてください。

シーズン1の終わりで、ヴァネッサは、悪魔に憑依されていたという恐ろしい試練から抜け出したところよ。それで、自分が普通になりたいのか、特別でいたいのかというジレンマに直面する。憑依はとても「ドレッドフルな(恐ろしい)」ことである一方で、彼女にある能力を残したのね。その能力のおかげで彼女はパワフルで特別な存在になったのだけれど、同時にとても孤独になってしまったの。


――では、シーズン2のヴァネッサはどうなっているのでしょう?

最初はどうしていいかわからず、とても無防備な状態なの。神に見捨てられたと感じて、自分の信仰を深く疑う。そして、シーズン2では、ヴァネッサの最も深い闇の悪魔が再び現れて、彼女に取り憑くの。悪魔はまだ彼女に取り憑いているのだけれど、ヴァネッサは何とかそれを制御出来ている。というか、少なくとも彼女自身はそう思っている。実は悪魔は手下を送りこんで彼女の魂を捕えようとしているのだけれどもね。その手下の魔女たちは実のところ悪魔自身よりももっともっと恐ろしいのよ...。

――ミス・イヴリン・プールですね。彼女とヴァネッサの関係は?

あぁ! それは... 親友よ(笑)。ミス・イヴリン・プールはマルコム卿(ティモシー・ダルトン)と深い仲になっていくの。そして、ヴァネッサはこの女には何か裏があると感じるのね。後に魔女たちのリーダーだとわかるのだけど、彼女の使命は悪魔にヴァネッサの魂を届けることなの。だから彼女はすごく怖い存在よ。

――イヴリンはとても巧妙ですよね...。シーズン2では、何がヴァネッサを待ち受けているんでしょうか?

シーズン2では、ヴァネッサは、魔女たちという強大な敵から自分を守る術を見つけなければならない。魔女たちはヴァネッサが最も愛する人々を付け狙うの。だから、ヴァネッサは、力の限り、センベーヌ、マルコム卿、イーサン、フランケンシュタインたちを守ろうとするわ。


――シーズン2におけるヴァネッサとイーサン(ジョシュ・ハートネット)との関係についてうかがえますか?

シーズン1のヴァネッサとイーサンは姉弟のようだったのだけれど、シーズン2ではもっと深い関係になるわ。いろんな意味で、互いに魅かれていくというか...。ヴァネッサもイーサンも自分の中の悪魔と闘っている。そして、2人とも互いを求める想いを恐れているの。その欲望に屈したら、自分の悪魔が解き放たれて相手を壊してしまうという恐怖に苛まれているのだと思う。だから危険な関係ね。とてもセクシーだけど恐ろしくもあるわ。

――シーズン2のラストのヴァネッサはどういう状況なのでしょう?

「道に迷っている」どころじゃない酷さね!信仰を失ってしまって、宗教は彼女を守るシールドのようなものだったのに...。だから感情的には丸裸みたいな状態よ。神なくして 彼女がどうやって行くのか、私にもわからないわ。今まで読んだ中で一番暗いエンディングだと思う(笑)。



「ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ シーズン2」9月7日(水)DVD発売、同日レンタル開始

<レンタル> ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ シーズン2 Vol.1~Vol.5
<セル> ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ シーズン2 DVD-BOX
価格:8,900 円+税

© Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.



■「ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ シーズン2」公式サイト
penny-d.jp
続きを読む