【神技】アメフトの試合で相手を避けるスーパープレイがスゴすぎる!



アメリカで先週末にフロリダからスタートした高校のアメリカンフットボールの新シーズン。これから5ヶ月にわたり熱戦が繰り広げられるが、早速、「今シーズン最高のハイライト」と賞賛されるべきスーパープレイが生まれた。


タンパのブラウリオ・アロンソ高校のランニングバック、マリク・ジェファーソン選手によるアメフト史上に残るこのプレイ。俊足を活かしボールを持って走り出すと、相手ディフェンスの追いつかないスピードで駆け抜け、正面からのタックルを軽々とジャンプでクリア、体操というよりはスノーボードの一連のワザのように相手をかわし、見事に着地すると、そのままゴールラインまで走りきった。

奇しくもサッカーの試合でもゴール前でキーパーをかわす「前転捻りからの奇跡のシュート」が話題となった8月27日。アメリカンフットボールの試合においても同様のプレーが誕生した。この高校生によるプレイは、プロの選手たちを差し置いて話題になり、多いに盛り上がりを見せた。サッカーやアメフトで、さらなる限界を超えた3次元プレイが今後見られるようになるのかも?という予感すら感じさせる凄技である。

続きを読む