マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を完全映画化 『沈黙-サイレンス-』2017年日本公開


巨匠マーティン・スコセッシ監督が戦後日本文学の金字塔「沈黙」を完全映画した最新作が邦題『沈黙-サイレンス-』(原題:Silence)として、2017年日本公開することが決定した。


原作である小説「沈黙」は芥川賞作家、遠藤周作の代表的な名作だ。
幕府のキリスト教弾圧が続く17世紀江戸初期、布教に赴いた恩師が棄教したと聞かされたポルトガル人司祭がその真意を確かめるため日本に密入国したことで想像を絶する数々の迫害を目の当たりにしていく。若いポルトガル人司祭の葛藤を通じ、信仰の意義とは何かを描いた歴史大作である。

若かりし頃、映画の道に入る前に神父の道を目指した経験をもつスコセッシ監督は、1988年にキリスト教を題材にした映画『最後の誘惑』の制作過程で「沈黙」を読み感銘を受けたという。原作と出会ってから28年の月日を経て念願の映画化を果たした。

メイキング写真

キャストはアンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)に加え、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が集結。


『ギャング・オブ・ニューヨーク』でアカデミー賞®ノミネートのジェイ・コックスが脚本を、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞®ノミネートのロゴリゴ・プリエトが撮影を担当。美術は『ヒューゴの不思議な発明』他にてアカデミー賞®3度受賞のダンテ・フェレッティ、編集は『ディパーテッド』他でアカデミー賞®3度受賞のセルマ・スクーンメイカーなど、ハリウッドと日本が融合した最高の制作陣が名を連ねる。

既に今年度の賞レースにおける有力作との呼び声も高い本作『沈黙-サイレンス-』は2017年全国ロードショー。

配給:KADOKAWA
Photo Credit Kerry Brown

■『沈黙-サイレンス-』公式サイト
chinmoku.jp
続きを読む