これはもうバットマン博物館!「BATMAN100% HOT TOYS」は東京・六本木を世界一のバットマン・ワールドに変えた!


ハイエンドなアメコミ・フィギュアで有名なHOT TOYSが贈る、期間限定のバットマン愛に満ちたイベント!!「BATMAN100% HOT TOYS」が9月10日(土)から25日(日)まで東京・六本木・泉ガーデンギャラリーで開催されます!一足早くお邪魔することができました!


おもちゃのPRイベントでしょ!と決めてかかってはいけません!これはサンディエゴ・コミコンに匹敵するぐらいの、世界最大級のバットマン・イベント!しかも、今回は映画『スーサイド・スクワッド』公開記念イベントという面もあり、『スーサイド・スクワッド』を、より楽しめるイベントになっています。

もちろんHOT TOYSさんのバットマン関係の商品の期間限定ショールームなわけですが、


映画『スーサイド・スクワッド』で使われた衣装の展示!



バットモービルジョーカーモービルの実物展示!(ジョーカーモービルはあのサンディエゴ・コミコンですら展示されたことがない)


日本のセレブリティのデザインを反映させたオリジナル・バットマンの展示!


歴代バットマン玩具(本当にお宝です!)をミュージアム風に展示!

と圧倒される内容でバットマンに囲まれる幸せを体感できるのです!

しかも!しかも!しかも!ブルース・ウェインがお金を出してくれたのか、なんと無料イベントなのです!!!!(だからみなさんせめて物販でなにか買ってお金を落としましょう<笑>)

改めて今回のイベントで思ったのは、バットマンというのは本当に展示向きのヒーロー、ということです(笑)。要は、"見せられるもの"が多い。言い換えると、バットマン自体が単体でものすごく大きな世界を持っているということなのです。今回のイベントは、"DC展"ではなく、あくまでも"バットマン"です。『スーサイド・スクワッド』もバットマン系のヴィランがメインだから、バットマン・ワールドの一部とみなします。


バットマン自体、スーツのバリエーションやガジェット(バットランとかバットモービルとか)が多い。そして、ヴィランやサブ・キャラ(ゴードン警部やバットガール、ロビン等)に魅力的なキャラが多いので、バットマンの物語だけで様々な引き出しがあるわけです。バットマン・ワールドの懐の広さ・深さはガンダムとウルトラマン的です。主役自体に様々なバリエーションがあり、敵キャラがバラエティに富んでいて、そっちも主役になりえる(ウルトラマン系の展示のときは、やっぱりウルトラ怪獣がもりあげてくれるでしょう?)。


以前、数あるアメコミ・ヒーローの中で最も多くフィギュアの種類が作られたのはバットマンと聞いたことがあります。会場にズラリと並んだ歴代バットマン玩具を見るとそれもうなずけます。まさにバットマン100%な体験!映画『スーサイド・スクワッド』を観たら、ぜひ足を運んでみてください!

24 PHOTOS
BATMAN100% HOT TOYS
See Gallery
BATMAN100% HOT TOYS
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る



取材・写真 BY すぴ

★「BATMAN100% HOT TOYS
2016年9月10日(土)から25日(日)まで
東京・六本木・泉ガーデンギャラリー
batman100.jp

『スーサイド・スクワッド』レビュー(byすぴ豊)
https://news.aol.jp/2016/08/12/suicidesquad/

『スーサイド・スクワッド』予告編
続きを読む