科学的に見て女性の方が男性より得意とされる7つの能力とは?


人類は男女とも、素晴らしい特性を持つ。だが、中には女性の方が得意とすることが幾つかあるらしい。科学的な見地から分かったのが次の7つの能力だ。


色彩を認識する能力
赤色を見分ける能力は、X染色体が可能とする能力だが、女性はX染色体を2本持ち、X染色体とY染色体を1本ずつ持っている男性よりその数は多い。女性が赤系の色合いを見分ける力と、それぞれの相関性を認識する能力は男性の3倍高いという。

ナルシスト的傾向を抑える力
「自己愛性人格障害」が、「人間関係が上手く行かない」ことの原因となっていることが多いことが、最近の研究で分かっている。このようなナルシルト的な人格を持つ人の数は女性よりも男性の方が多い。こうした人格を持つ人物は、権力やパワーへの欲求を抱くことが多いというのだ。

火星に行ける能力
NASAが採用する火星探査の被験者ケイト・グリーンは、2014年、女性だけの宇宙飛行士で構成されたクルーが火星へ飛ぶミッションを提案した。女性は男性に比べて食料の摂取量が少ないため、燃料の消費が少なく済む。そのため女性だけのクルーは合理的な選択、というのが彼女の持論だ。

投資の能力
英国の投資信託銀行『Barclays Wealth』と調査会社『Ledbury Research』の調べによると、女性は頻繁な取引を行いハイリスクな掛けに出るケースが少ないそうだ。そのため財政難に陥る危険性が低く、長期投資で高い利益を得る傾向にあることが分かった。

マルチタスク能力
同時進行で多くの作業に取り組む時、女性は能力を発揮する。マルチタスク能力は女性の重要で優れた特徴だ。2013年に行われたマルチタスク能力を測るテストで、女性は男性より速いペースで作業を進めることが出来たそうだ。

痛みに耐える力
ディスカバリーチャンネルの実験番組『怪しい伝説』が、長年信じられている「女性は男性よりも痛みに強い」という説が事実かどうか実験を行った。男女の参加者が氷水に手を入れ耐久時間を計る、というテストでは、女性のほうが長い時間耐えることが出来た。

IQテストのスコア
100年以上の間、女性はIQテストのスコアで劣っていた。しかし、女性は年々スコアを伸ばしていて、このままのペースで行けば女性が優位に立つこともあるという。



■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む