ラース・フォン・トリアーの甥が監督、イザベル・ユペール、ジェシー・アイゼンバーグら出演『母の残像』11月公開


第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、鬼才ラース・フォン・トリアー監督を叔父にもつ新鋭ヨアキム・トリアー監督のもとに豪華キャストが集結し話題となった映画『LOUDER THAN BOMBS』の邦題が、『母の残像』として11月26日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開することが決定した。


ヨアキム・トリアー監督は、長編デビュー作『リプライズ』(06)でノルウェーアカデミー賞にあたるアマンダ賞にて3部門受賞、続く『オスロ、8月31日』(11)はカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたほか、世界各国の映画祭で絶賛され「センセーショナルな才能」(NYタイムズ)と評された。

そして長編3作目にして初めての英語作品となる本作は、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、2016年アマンダ賞にて監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞。このほか数々の映画祭での受賞を果たし、今世界中から注目される監督のひとりである。

『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーンら国を越えた豪華なキャストが早熟な才能の元に集結。

謎の死を遂げた女性戦争写真家。彼女の死の真実に直面したその時、浮き彫りになる遺された夫、息子たちの交錯する想いが炸裂する...。瑞々しい感受性と繊細かつ豊かな映画的表現を駆使して産み出された深遠なる人間ドラマは、観る者の心に深い感動と長い余韻をもたらす。

11月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー
(C)MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved

続きを読む