映画『きみに読む物語』をテーマに撮影、結婚57年目の夫婦の写真が話題に


結婚にネガティブな印象を持つ人も、永遠の愛を疑ってしまう人も、この写真を見たら素直に「愛っていいな」と思わずにはいられない。


Clemma・Sterling Elmoreさん夫婦は、今年で結婚57年目。結婚25年で銀婚式、50年で金婚式なので、Elmoreさんたちはそれを超える大ベテラン夫婦だ。その57年目を祝して記念写真を撮ろうと提案したのは、2人の孫のAmberさん。撮影のテーマとなったのは、Clemmaさんの好きな映画「きみに読む物語」。

映画のさまざまなシーンをインスピレーションに、衣装やロケーション、小道具を準備。映画の鍵となるラブレターは、Elmoreさん夫婦が実際に書いたという力のいれよう。ここまでできるのは、やはり長い時間がたっても変わらない愛が今もあるから。

撮影を担当したカメラマンStacy Welch-Christさんが、写真をFacebookに公開したことで大きく話題を集めた。メディアにも多くとりあげられ、Facebookには2万件以上のいいね!がついている。「感動した」「死んだ両親を思い出した」など、コメントも3千件以上よせられている。

結婚して57年後にこんな写真を撮れる夫婦は、多くないだろう。だからこそ見た人は感動し、自分もこうありたいと願うのだ。今日喧嘩したとしても、57年後も笑って一緒にいようねって。

https://youtu.be/eKJISdWvovc


■参照リンク
http://www.boredpanda.com/
続きを読む