【ディズニー情報】パークで<日付指定券限定入園日>を導入!日付指定がないオープン券は、日付指定券に変えたほうがモアベターよ


早くもクリスマスのTVCMが始まっている国民的テーマパークの絶対王者、東京ディズニーリゾートでは、「ディズニー・ハロウィーン」開催中の10月1日(土)以降、日付指定券限定入園日を大導入! これによって、同リゾートを運営する株式会社オリエンタルランドが指定する<日付指定券限定入園日>は、入園が可能なパークチケットが限定的になる。


どういうことかと言うと、東京ディズニーリゾートの前売り券の種類には、

■「日付指定券」......あらかじめ利用日を指定して利用するチケット

■「オープン券」......日付指定がなく、いつでも好きな日を選んで利用できるチケット

などがあり、<日付指定券限定入園日>制を導入すると、その該当日には「オープン券」ではパークに入れないということに。一方「日付指定券」は日付指定なので確実にパークに入れるものの、<日付指定券限定入園日>でもパークに入園可能となっている「2パーク年間パスポート」や「株主用パスポート」などは、入園制限中のパークには入れないのだ。


10月1日(土)以降スタートする<日付指定券限定入園日>は、基本的に10月~大晦日までの土日祝日で、平日の設定はない。また、<日付指定券限定入園日>当日も、当日券の販売および券種変更の受付を予定しているそうだが、パークに着いてから入れないという事態も容易に想像しうるので、<日付指定券限定入園日>に確実に入園するためには、事前に日付指定券を購入しておくことがベター。特に「ディズニー・ハロウィーン」、「東京ディズニーリゾートのクリスマス」はただでさえ人気が高いイベントだけに、事前の準備が肝要になってくるはず! ここは早めに予定を立てて、「日付指定券」をゲットだぜ!


※日付指定券限定入園日の詳細については、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトのチケット情報(http://www.tokyodisneyresort.jp/ticket/)をご確認ください。

※写真はイメージです。実際のサービス、プログラムなどを保証するものではありません。
(C) Disney
続きを読む