中島みゆき、20年振りのベストアルバム発売! 本人による初の全曲ライナーノーツ封入


中島みゆきの20年振りとなるベストアルバム「中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』」が11月16日(水)に発売された。

other

べストアルバム『前途』のテーマは、この先も続く21世紀の歩みの中で聴いていきたい中島みゆきの歌。"懐かしがらない""前だけを見る"という思いが込められたタイトルに相応しい12曲が収録されている。

収録楽曲は、<NHK紅白歌合戦>歌唱曲の「地上の星」「麦の唄」、数々のアーティストに提供してきた楽曲の中から「宙船(そらふね)」「泣いてもいいんだよ」、最後を締めくくるのは、これから続く旅を歌った「ヘッドライト・テールライト」。いずれの楽曲も、回顧的にならず前だけを見ようという意思を込め、あえて2000年以降にリリースされた全楽曲から選りすぐられている。

さらに、先日のNHK総合<SONGS>の中島みゆき特集「中島みゆき~歌姫の21世紀~」でも一部が紹介されて話題となった、本人による全曲ライナーノーツを封入。自身初の試みであり、各楽曲が産まれた際のエピソードや作品に込めた思いなど、ここでしか読めない貴重なライナーノーツとなっている。

other

今回は20年振りのベストアルバムとあって、購入者特典も豊富。内容の詳細はアルバム特設サイトにて確認しよう。なお現在、中島のアドトラックが東京限定で走行中。彼女を支える大人のファンが多く働く東京駅・銀座・新橋を中心に、池袋・赤坂・原宿を11月20日(日)まで走行するそうだ。

また、最新コンサート『中島みゆき Concert「一会」(いちえ)2015~2016』を収録したBlu-ray/DVD、そして同ライブから選りすぐった12曲を収録したライブCDアルバムが同時発売。ライブ盤はベストアルバム同様、スティーブン・マーカソンによるマスタリングが施され、躍動感あふれる歌唱や迫力のある生バンド演奏、会場の臨場感などをより感じられる作品となっている。


【関連リンク】
・「中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』」特設サイト
http://www.yamahamusic.co.jp/miyuki_21st-best/
・『中島みゆき Concert「一会」2015~2016劇場版』特設サイト
http://ichie-movie.jp/
続きを読む