ブチ切れ美女がキアヌ・リーブスを攻めまくり! イーライ・ロス監督『ノック・ノック』BD&DVDが好評発売中


イーライ・ロスがハリウッドきってのアクションスター、キアヌ・リーブスを主演に迎え、新たに解き放つ衝撃のヴィジット・スリラー『ノック・ノック』。10月5日にはBlu-ray & DVDも発売され、好評発売中だ。


プロデューサーとしても参加したキアヌは、キアヌ史上、誰も見たことのない演技に挑戦している。そんな本作の魅力をキアヌは「本作の魅力は優れた脚本とその野心的な内容だ。拷問も気に入った。本作が投げかける問いかけも良い。主人公のエヴァンは2人の若い娘の誘惑に打ち勝てなかった。彼は2人の子供がいる既婚の建築家だ。そして、色仕掛けにハマる。2人の娘は主導権を奪い取り、彼に現実の鏡を魅せつける。その鏡は観客にも向けられている教訓と言えるんだ」と語る。


キアヌ演じるエヴァンを誘惑し、絶望の淵に追い込む美女ジェネシスを演じるのは『グリーン・インフェルノ』で初主演を務め、プライベートではロス監督の妻でもあるロレンツァ・イッツォ。 ジェネシスとともにエヴァンを貶める金髪美女のベルを今後話題作、超大作が続く新星アナ・デ・アルマスが務め、妖艶な体当たり演技で魅了する。


キアヌが「気に入っているところは他にもある。2人の娘の怒りだ。彼女たちは怒りを爆発させる。本作に観られるバツや断罪は、教訓として訴えかけてくる。だが僕はさらに広い視野で物語を捉えているんだ。2人の娘は言ってみれば、毒の入った池の水の中でもがき苦しむカエルだ。危険を知らせる炭鉱のカナリアでもいい。僕には2人のとった行動に、悪を厳しく非難しようとする強い態度を感じた。2人はエヴァンを肉欲に溺れさせ、反逆してみせる」と語るように、劇中の2人の美女のキャラクターも超魅力的(?)なので、絶対に見逃せない!


発売中のBlu-ray & DVDには、上記の様にキアヌがコメントする特典映像もついているとのこと。特典詳細は以下。
■オーディオ・コメンタリー〈イーライ・ロス(監督・脚本・製作)×ニコラス・ ロペス(共同脚本・製作)×ロレン ツァ・イッツォ(主演)他〉
■キャストインタビュー(キアヌ・リーブス、ロレン ツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス)
■メイキング
■未収録映像(イーライ・ロス監督のコメント付き)
■予告編


(C )2014 Camp Grey Productions LLC
続きを読む