アメリカで申請を却下された、奇抜なナンバープレートが話題に


アメリカでは、車のナンバープレートは一般的に数字とアルファベットが組み合わされており、希望のナンバープレートを申請することも可能だ。しかし、米ケンタッキー州のニュース番組「WHAS」によると、最近同州のケントン郡に引っ越してきた無神論者の男性、ベン・ハートさん「IM GOD」(俺は神だ)というナンバープレートを登録しようとして拒否された。


これを受けて男性は、「アメリカ自由人権協会」と「宗教からの自由財団」の支援を受け、同州当局に対して訴訟を起こしたという。

英「BBC」によると、ハートさんは、以前住んでいたオハイオ州で12年間このナンバープレートを使用していたが問題なかったと語っている。しかし、ケンタッキー州で登録を申請しようとすると、「節度がない、もしくは品がない」という理由で却下されてしまった。

ハートさんは、「そもそも宗教の信仰は自由なはずで、節度がない、もしくは品がないなんてことは全くない」と語っている。

アメリカ自由人権協会ケンタッキー支部のウィリアム・シャープ法務部長は、「宗教や表現の自由の権利を規定しているアメリカ合衆国憲法修正第1条の下、当局は好ましくないという理由だけでメッセージを検閲する権利はない」とコメントしている。


■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む