今まで気づかなかった「新しい自分の可能性」に気づく音楽ワークショップが開催


ウルフルズ、Superfly、大原櫻子、Shiggy Jr.ら多数のアーティストの音楽制作や、プロデュースに関わっている株式会社フジパシフィックミュージックが、「史上初の形式」となる音楽ワークショップを開催する。



今回募集するのは、「アーティスト」「ディレクター」「サウンドプロデューサー」、それぞれの希望者4名の計12名のみ。経歴不問で、10代からも応募可能だ。長期間の少数によるワークショップになるため、より密度の濃い知識と経験を得られそうだ。このワークショップで優秀な成果を収めた方には、さらにステップアップした育成プログラムも用意されている。

約3ヶ月間に渡るワークショップでは、参加者は「アーティスト」「ディレクター」「サウンドプロデューサー」の3種類の役割に分かれ、その3名で1チームを組み、それぞれの立場で音楽制作に参加する予定。プロの現場では、この3役がチームとなり制作を進めていくことがほとんどなので、プロと同じプロセスを体験する中で、様々な発見や成長が期待できるかもしれない。

さらに参加者の相談役として、第一線で活躍する2名の現役音楽プロデューサーとディレクターが付き添い、音楽制作を続けていくプロセスの中で出てくる課題や悩み、目標設定などに対しても本格的なアドバイスを行なうなど、より実践的な形式をとるという。

プロのアーティスト、プロデューサー、そして音楽業界で働くことを目指す人にとっては、大きな経験を得る場所になりそうなこのワークショップ。音楽活動において自分一人では限界を感じていた人にとっても、新しい音楽仲間との出会いの場になるかもしれない。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。

【関連リンク】
・A.M.W. アーティスト&音楽プロデュース・ワークショップ オフィシャルサイト
http://www.fujipacific.co.jp/amw/
続きを読む