再生紙で作られた折りたたみ可能ヘルメット「EcoHelmet」


掃除機でおなじみのダイソンが提携する、教育慈善団体ジェームズ ダイソン財団によって開催されるジェームズ ダイソン アワード。これは、「問題解決をデザインする」をテーマにした国際エンジニアリングのコンテストだ。

先日、第11回となる2016年の受賞作品が発表された。22ヶ国、963個の応募作品の中から今年の最優秀賞を受賞したのは、紙で作られた自転車用の折りたたみ式ヘルメット「EcoHelmet」。


EcoHelmetは独自のハニカム構造によって、衝撃から頭を守るための強度を実現した上に折り畳むことができる。素材は再生紙だが、生分解可能な耐水コーティングを施すことによって、最長3時間まで雨の中でも使用することができる。

開発者のアイシス・シファーさんが、EcoHelmetで解決を試みた問題は、レンタル自転車利用者のほとんどがヘルメットを着用しないというもの。折りたたみ可能で持ち運びしやすく、再生紙を使いコストを抑えることで安くで販売できるというのが、レンタルで自転車を利用する人にも嬉しいポイント。今後、1つ5ドル程度で、販売する計画もあるという。





■参照リンク
http://www.jamesdysonfoundation.jp/
https://www.dezeen.com/
続きを読む