リアリティ番組で有名になったケイト・ゴスリン、番組開始前と比べ見た目が別人のようだと話題に


2007年に始まったリアリティショー『ケイト・プラス・8(エイト)』で有名な"主演"のケイト・ゴスリンがその名を世に知らしめたのは、もともと双子の後に6つ子を授かるという多胎児の母として雑誌に特集されたのがきっかけだった。

そしてその当時のケイトのスタイルが、現在と全く違っており、話題となっている。


ケイトは先週、2009年に離婚したかつての夫、ジョン・ゴスリンが「1年半ほど顔を見ていない」と言う息子コリン君の消息についてメディアに語ったことで巷の話題になった。それによると、コリン君は特別な支援が必要な子供向けの施設に預けられたと言うのだが、ジョンはケイトが息子の居場所について嘘をついていると主張している。今となっては公に舌戦を繰り広げている2人だが、結婚した当時は仲睦まじい姿を見せていた。

ちなみに写真は左が2004年のもので、一番右にいくと現在のものになる。結婚生活で色々あったとはいえ、これ程見た目が変わるとは驚きだ。

Kate Gosselin Thinks She Looks Younger Now Than She Did Almost 11 Years Ago http://dlvr.it/8cr7hN

Posted by Copypasteads.com on Wednesday, February 18, 2015


■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む