マーベル作品「インヒューマンズ」がついに映像化! TVシリーズなのにIMAX劇場公開ってどういうこと??


ビックリするNEWSが飛んできました。


マーベルが「インヒューマンズ」の映像化に着手です。しかしこれは極めて珍しい座組で製作されるようです。

というのも、

●まず、これはTVシリーズ化全8話のエピソード

●そのうち2話は、なんと来年9月の第一週から2週間限定でIMAXシアターにおいて劇場公開
夏の『スパイダーマン:ホームカミング』と11月のマイティ・ソー映画『ラグナロク』とは被らないタイミング

●少なくともこの2話はIMAXのスペックを活かした映像作品になる

●その後、この2話も含め、来秋ABCテレビでオンエア

というものです。

インヒューマンズというのは、地球に住む超人種族を描いた作品で、彼らはクリー星人(映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヴィラン:ロナンがクリー星人ですね)によって作られたという設定です。

実はこの「インヒューマンズ」は、もともとヴィン・ディーゼル出演で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画作品として2019年ごろの公開と言われていました。これは、MCUの中でX-MENを描くことができないため(X-MENの映画化権は20世紀フォックスが持っているので)、X-MENの代わりにインヒューマンズを映画化しようとしていたということらしいのです。

一方、ABCで放送されているドラマ「エージェント・オブ・シールド」には、すでに"インヒューマンズ"という超人たちが登場しているのです。

しかし、今回のIMAX+テレビドラマは、"MCU作品のひとつではない"し、"「エージェント・オブ・シールド」のスピンオフでもない"とされています。

原作コミックスでは、インヒューマンズの主要キャラと言えば、

リーダーのブラックボルト叫ぶと世界が滅ぶぐらいの破壊エネルギーを出す。だからしゃべらない)、
ブラックボルトの恋人メデューサ長く赤い髪を触手のように操る)、
メデューサの妹クリスタル(4つのエレメント 土・水・風・炎を操る)、
超犬ロックジョーテレポーテーション能力を持ったブサ犬

あたりが有名で、これらのキャラは「エージェント・オブ・シールド」にはまだ出ていないし、これからも出てこないらしく、この主要キャラを描いたシリーズとなりそうです。

しかし、映画版でブラックボルトを演じると言われていたヴィン・ディーゼルは出演しないらしい。

いまマーベルでは、映画を作る部門(マーベル・スタジオ)とTVドラマを作る部門(マーベルTV)が分かれており、両者でどっちが「インヒューマンズ」を作るか"綱引き"があったみたいで、結局"マーベルTVが主導"となったようです。でも、もともと劇場公開作として予定されていたからIMAX公開、という形で落ち着いたのでしょうか?

この「インヒューマンズ」がMCUとどう絡んでくるのか楽しみです。

日本でもIMAXで上映して欲しい。

「インヒューマンズ」TVドラマ化を伝えるマーベルのサイト:
news.marvel.com


★★★すぴ豊からお知らせです!★★★

12月2日(金)、3日(土)、4日(日)に開催される「東京コミコン」で杉山すぴ豊のトークショー&サイン会を実施します!

12月3日(土):10時20分から10時50分

12月4日(日):10時30分から11時

         12時から12時40分

それぞれアメコミ映画についてのトーク・ライブをする予定です。

また近代映画社SCREEN誌のブースで人生初のサイン会をいたします。

●「東京コミコン」の公式サイト:tokyocomiccon.jp
●「近代映画社SCREEN」の公式サイト:screenonline.jp

ぜひ遊びにきてください。

会場で僕を見かけたら、「"AOL"の記事読んでます」と言ってくれたら、なにか・・・

サービスします(笑)

続きを読む