俳優・國村隼、韓国で最も権威のある映画賞「青龍映画賞」男優助演賞を受賞! 外国人俳優として史上初の快挙


『チェイサー』(08)、『哀しき獣』(10)のナ・ホンジン監督最新作にして、2016年カンヌ国際映画祭で上映されるや観る人を震撼させ、今年韓国で観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録した『哭声/コクソン」』がついに2017年3月11日より日本公開される。

そして、現地時間11月25日夜に発表された韓国で最も権威のある映画賞「第37回青龍映画賞」において、日本から本作に参加した俳優・國村隼が男優助演賞人気スター賞のダブル受賞を果たした。同映画賞37年の歴史の中で、韓国以外の外国人俳優がノミネートされること自体が異例(外国人俳優ノミネートは史上2度目)だった中、日本人としてはもちろん、外国人俳優として史上初の受賞という大快挙だ!


國村は、本作で、平和な田舎村に大きな変化をもたらす"よそ者"を演じ、一度観たら決して忘れられない強烈な印象を残す熱演を披露している。一般投票により選ばれる人気スター賞では、例年、人気アイドルや大物俳優などが受賞することが多く、今年も國村の他に、ぺ・ドゥナ、チョン・ウソン、ソン・イェジンという錚々たる俳優陣が受賞。公開時に社会現象にまでなった本作において、國村はその圧倒的な存在感で韓国の映画ファンに絶大なインパクトを残したといえる。



授賞式に参加した國村は、男優助演賞受賞の壇上で「韓国で初めて撮った映画でこんなふうに賞をもらえるとは思っていませんでした。日本で韓国映画を見ていて思っていたことがありました。"どうして韓国映画はパワフルなのか、韓国の俳優の存在感はすごいのか"。私は映画を撮るとき、いつもこのようなことを考えています。"どのようにしてフレームの中でどのように生きようとするか、存在感を示すのか"と。韓国映画を見て思いました。ナ・ホンジン監督が日本に来て一緒にやろうよと言ってくれました。そして韓国に来て分かったんです。韓国の現場は監督を頂点として俳優やスタッフがプライドを持って映画を作っていました。俳優とスタッフの高いプライドが韓国映画の原動力だと思いました。韓国映画が素晴らしいのは、素晴らしいお客さんがいるからと思いました。賞をいただき本当にありがとうございました」と熱のこもったスピーチを披露した。

また、司会者より韓国の名優ソン・ガンホのファンであることを指摘されると、同じく会場にいたガンホに控えめながらアピールするなど、本作を通じてすっかり韓国映画界に溶け込んだ様子を見せ、会場を沸かせていた。

本作は当映画賞において男優助演賞、人気スター賞の他にも、監督賞(ナ・ホンジン)、音楽賞(チャン・ヨンギュ&タルパラン)、編集賞(キム・ソンミン)の本年度最多となる合計5部門を受賞した。



平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングが娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す——。

韓国版予告映像

©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

■『哭声/コクソン』公式サイト
kokuson.com
続きを読む