なんと213メートル! 世界一高い寺院がインドで建設中


現在、インドで建てられている ヒンドゥー教の新興宗教、クリシュナ教団の寺院は世界で最も高い宗教建築物になる、とCNNが伝えている。


ヴリンダヴァン・チャンドロダヤ・マンディール(Vrindavan Chandrodaya Mandir)と呼ばれるこの寺院。中央にそびえ立つ塔の部分は高さ700フィート(約213メートル)と、ドイツのウルム大聖堂(161.5メートル)よりもはるかに高い。

この建物には、この寺院のほかにも、クリシュナ・ヘリテージ・ミュージアム(クリシュナ歴史資料館)やクリシュナ・ヘリテージ・スタディ・センター(クリシュナ歴史研究センター)を始めとして、別の寺院、イベントスペース、展示場が作られるという。

また、寺院全体は果物の木や草花などが植えられた12の森林ゾーンに囲まれ、自然の要素も取り込まれている他、主クリシュナの存在をそこかしこに感じられるようだ。

この寺院"兼"文化施設のヴリンダヴァン・チャンドロダヤ・マンディールは、インドの建築事務所「InGenious Studio」と米国の建築コンサルタント会社「Thornton Tomasetti」によって設計されたもので、2017年3月に完成を予定しているとのことだ。


■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む