元帝国軍でありながら「ローグ・ワン」の一員に 正義の天才パイロット、ボーディー・ルックに要注目! 【動画】


12月16日(金)よりついに公開されるシリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。本作では、反乱軍が極秘に結成した、はぐれ者寄せ集めの6人組「ローグ・ワン」が、帝国軍の究極兵器「デス・スター」の設計図を奪うというなんと97.6%生還不可能のミッションに挑む様が描かれる。そう、「ローグ・ワン」のメンバーは命をかけて"希望"を守り抜く、サムライ魂全開のチームなのだ!


この度、"元帝国軍のパイロット"でありながら、そんな「ローグ・ワン」のメンバーの一人として活躍するボーディー・ルック(演:リズ・アーメッド)にフィーチャーした特別映像が到着した。反乱軍の中でもトップクラスの操縦テクニックを持つという、彼の活躍に注目だ。

https://youtu.be/RblEEQXfpGA

ボーディーは、帝国軍で働いていたという異色の経歴を持つ反乱軍のパイロットだ。彼は天才的な操縦テクニックを持つ超優秀な人材で、その腕前は反乱軍でもトップレベルと言われている(とりわけ得意なのは貨物船の操縦だとか)。短気で怒りっぽく、扱いにくい性格ではありながら、一旦操縦桿をを握れば最強のヒーローに変身する!

ボーディーを演じたリズ・アーメッドは「ボーディーは生計を立てるために帝国軍のために働いていた。でも、占領下に置かれた故郷の惑星で戦いに巻き込まれた彼は、帝国軍の行いを目の当たりにし、それに加担している自分は果たして正しいのか?と、疑問を抱くんだ」と自身の役柄を説明している。"生活"と"正義"の間で葛藤し、反乱軍に加わる決断を下すという、人間味あふれるキャラクターに期待がかかる。さらに、かつて帝国軍で働いていただけに、警備の隙や弱点を知っている可能性も高く、「ローグ・ワン」が挑むミッションの成否の鍵をにぎる、重要な人物となると予想される。

この特別映像で注目したいのは、通信で部隊名を訪ねられたボーディーが、とっさに「俺達は...ローグ・ワンだ」と答えるシーン。もしかして、反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」は、彼によって名付けられたものなのか_実は、「SW」シリーズで"ローグ"と名乗る反乱軍部隊は「ローグ・ワン」だけではなく、『エピソード5/帝国の逆襲』(80)にすでに登場している(ep5冒頭「ホスの戦い」でルーク・スカイウォーカーが率いる"ローグ中隊")。本作の「ローグ・ワン」から影響を受けて名付けられているならば、その名付け親はボーディーなのかもしれない!

英国生まれのリズ・アーメッドは、名門オックスフォード大学を卒業しているという頭脳明晰なセクシー系イケメン。彼は、ジェイク・ギレンホールと共演した『ナイトクローラー』(14)で世界的な注目を集め、大ヒット・シリーズ4年ぶりの新作『ジェイソン・ボーン』(16)にも出演、さらに今回の『ローグ・ワン』など、大作への出演が続くハリウッドの注目株だ。正義の心を持って反乱軍に加担する男として、彼の複雑なキャラクターをどう演じてくれるのかに注目だ。

今まで長きに渡って語られることのなかったシリーズの原点に隠された謎——「デス・スターの設計図をどのようにして手に入れたのか?」がついに明らかになる本作。世界待望の最新作は、シリーズ史上最もエモーショナルな展開が期待されている。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全世界で公開!


© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

■『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト
starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
続きを読む